忍者ブログ

想学談林-管理者の部屋

想学談林の管理人が、たまにぼやく言葉の部屋です。 お時間があれば、お付き合い下さい。 想学談林:https://sougakusalon.wixsite.com/sougaku-danrin/home

   

【20170814】間もなく終戦の日

こんにちは(  ̄ー ̄)ノ

間もなく終戦記念日ですね。

本来の意味で言えば、降伏文書に大日本帝国として調印した日、つまり9月2日がその日に当たるのですが、日本の終戦記念日はポツダム宣言を受諾を日本として決定した日なんですよね。

昨日は朝からネットテレビで「日本の一番長い日」と「終戦のエンペラー」を二本立てで見てました。
映画とは言え日本から見た終戦と、アメリカから見た日本の敗戦。なかなか興味深いものを感じました。

戦後もう七十二年を経過してますが、この間、日本は「平穏なる時代」を過ごして来ました。だから僕の世代もそうですが、その上の世代もリアルな戦争を知りません。

そう言えば映画の「FURY」、ブラッド・ビットが主演していたものや、「プライベートライアン」、これはトムハンクス主演の映画ですね。あとは渡辺謙主演の「硫黄島からの手紙」を見ると、先の大戦の壮絶さや悲惨さは良く表現されています。

しかし最近の戦争というのは、また色合いが少し異なってきてますよね。ただ共通しているのは人が人を殺し会うという、ある意味で不合理な行為ですが、これは止むことは無いのでしょうか。

この戦争と言う行為ですが、国家間の外交活動の延長線上にあるもので、国家というのがそれこそ今のアメリカでいう「州」の違いほどであれば、戦争は無くなるのかもしれませんが、悩ましい事に人類には民族や文化、そして宗教の違いがあり、そこによって価値観や文化の違いが発生、国家として互いに中々融和を図ることが出来てません。

よく「地球人なんだから国は関係ない」という言葉がありますが、私達が常日頃社会の中で様々なサービスを享受してますよね、そのサービス元が国家ですよね。
また今の人類とは国家単位で利害調整をする仕組みにもなっていて、創価学会が大好きな国連も枠組みの単位は国家になってます。

だから個人個人が「国家は関係ない」と言った処で、結果としては国家に振り回されてしまうわけで、これはある意味で「社会的生物」としての人類の「業(宿命かも )」と言っても良いかと僕は思うのです。

これはある「仮定」の話ですが、昔にあった「オウム真理教」によるテロ事件ですが、あれは毒ガスのテロ攻撃により日本の統治機構を麻痺させて、その間隙に北朝鮮が日本を制圧するというシナリオがあったという、あくまでも「俗説」ですが、耳にしたことがあります。
「もし」それが現実となった場合、単なる「地球民族主義」と言った処で、なんら慰めにもなりはしません。

こちらは考えていなくても、相手が国として乗っ取りを考え、もし乗っ取りされたら、その支配の元に隷属を余儀なくされてしまいます。

考えてみれば、人類社会の中のルール。これは国際法と言っても良いでしょうが、そこに「戦争」という行為は容認されているわけで、人類は未だ国家間で殺し合うことを容認している訳なんですよね。

「戦争反対」というのであれば、この現在の国際社会の現実と、人類の「業」に対する直視、そしてその解決法を思索しなければなりません。

最近、法華経を読み進めていますが、仏法を基調として、果たしてこの問題を根本的に解決出来るのでしょうか?
例えば人間には「仏の生命」が普遍的にあるとして、それと同列に「餓鬼」「畜生」「修羅」といった生命も内在している事を述べています。創価学会の三代池田会長はこの思想から「人間主義」を標榜し、その思想を普遍的に広げることで「世界平和」の実現を目指したのでしょう。

しかし結果として、今の日本の社会を見ても解りますが、この思想は何ら役にも立ってません。

果たして人類はこの先、世界平和を実現できるのでしょうか?

日本国内は取り合えず「平穏」を未だ維持していますが、これとて薄氷の上を歩いているようなモノで、いつ大きな穴が開いて落ちてしまうか解りません。

「国を失い家を滅せば何れの所にか世を遁れん汝須く一身の安堵を思わば先ず四表の静謐を祷らん者か」
(立正安国論)

一国の安泰を願うのであれば、その周辺の事、いまで言うなら国際社会の動向を見据えなくてはなりません。残念ながら今の日本の中には、これは僕を含めてですが、国際社会の動向を見極める目が育ってません。

今の「憲法九条」に関する議論においても、日本国内の内向きな眼でしか議論が為されていませんが、これを広く人類に対して見開き、その人類の「業」を見据えながら議論の出来る人々が、日本国内に増えない限り、「何時か来た道」を再度、日本は歩んでしまうのではありませんか?

「広宣流布」というのてあれば、その様な人間に対する啓蒙活動であるべきだと、僕は考えるのです。
PR

プロフィール

HN:
運ちゃん
性別:
非公開

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
2
4
10 16
17 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

[05/03 NONAME]

忍者カウンター

Copyright ©  -- 想学談林-管理者の部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]