忍者ブログ

想学談林-管理者の部屋

想学談林の管理人が、たまにぼやく言葉の部屋です。 お時間があれば、お付き合い下さい。 想学談林:https://sougakusalon.wixsite.com/sougaku-danrin/home

   

【20170629】幹部の資質について

こんにちは( *・ω・)ノ

昨日何気にTwitterで以下のツイートを見て思ったことを今日は記事にしてみます。

「人々は、役職ではなく、誠実さ、明快さ、責任感をもった人格的魅力のある人についていくものです。いわゆる人気のある幹部は、会員から慕われ、会合にも要請されています。戸田会長は、幹部を任命するときは、会員が「この人ならば」と思う人を任命するようにすべきだと厳しくいわれていた。」

僕も昔はそれなりに幹部をしてましたし、今も地区幹事とはいえ、一応幹部の端くれに該当します。
そこから考えると、創価学会の幹部の資質とはどうなのか、様々な事を考えてしまいますね。

創価学会の幹部には、これは僕の経験上からの話ですが、大きく三つに分類されると思います。

一つ目は末端組織の幹部。
組織のレベルで言えば地区幹部まではこの分類に入ると思われます。
創価学会の人事委員会という、まあ表だっては出てきませんが、そこに関わらない幹部の事で、概ね区や圏の判断で任用される幹部です。
当然「辞令」も出なければ、実際に末端で走り回る幹部はこのレベルで、決済事を判断する権限は、ほぼ持ち合わせていません。

一番コキ使われる立場ですね。

二つ目は支部幹部以上で、在家の幹部。
非職員ですが、実際の末端組織の旗振り役であり、またそれを補佐するスタッフ的な幹部も含みます。この立場から人事委員会という名前のついたところから「辞令」が出され、所謂「幹部コード」という創価学会の中では一生ついて回るであろう背番号が振られます。

中間管理職的なところで、且つ末端組織の中ではそれなりの幹部として見られるのは、この立ち位置にいる人達でしょう。

三つ目は職員幹部ですね。
彼らは本部または外郭団体で仕事をしていて、いわば創価学会の信仰活動を仕事にしている幹部です。ここには新聞販売店の店主も入ります。
ここらへんに来ると多くは分県幹部位の人が多くいて、例えば組織換え(青年部から壮年部など)の時には区・圏長という立場でスタートする人も多く、例えば支部長で始まったとしても、兼任で圏副書記長なんて役職を持ち、トントン拍子に上がっていきます。

極めて大ザっばですが、こんな感じに分類も出来るかと思いますが、一方で担当する組織の広さと、その人物像がマッチしているかと云うと、大概これはアンマッチしてますね。

例えば地区幹部やブロック幹部であっても、人格ある人、社会で信頼されている人もいますが、一方で総県幹部であっても鼻持ちならない御仁もいます。

昔は例えば末端組織の幹部の場合では、支部幹部以上は必ず折伏を一世帯以上やってなければならないとかいう規定もありましたが、最近ではこの様な規定もなく、そもそもそんな事をしていたら、幹部の成手がないとの事で、活動に前向きならばすぐ当用して責任をもたせ、組織に絡めとるようです。

だから以前にも増して幹部の質が劣化しているのではないかと思われます。

本来、これだけ大きな組織なんですから、幹部当用の規定くらい明文化されてても良いように思うのですが、実態からしたら、当に「人脈人事」という事が罷り通り、上に上がるのは、やはり上の人に覚え愛でたく知られた人が引き上げられていきます。

そこには「見識」とか「人格」、ましてや「信仰観」という事は、ある意味関係ありません。

要は上に気に入られている、知られている人ほど上に上がるという構造があるのです。

さて、先のツイートでは
「責任感をもった人格的魅力のある人についていくものです。」と幹部が本来持たなければならない資質の一端が述べられてますが、こういう人はほとんど見ないですね。

僕が青年部時代、この人は凄い人だと感じる人が居ましたが、そういう人に共通していたのは、やはり社会等で苦労をした人であり、自分自身をしっかりと持った人達でした。

いま壮年部になり、幹部を見てみると、本当に地道にやってきて、人間的に出来た人
は組織の表舞台には居ないですね。

特に職業幹部の人格の薄さ、ボキャブラリーの狭さにはあきれ返ってしまいます。

上に行けば行くほど、本当に録な人物が居なくなったと実感しますし、創価学会に何故、人が集まらなくなったのかも、この幹部像から理解できます。

特に分県や総県、総々県幹部の職業幹部なんかは、でかい会合で、壇上でふんぞり返り、「幹部指導!」なんて言って、如何にも聖人君主のような、人格者の様な振る舞いをしてたりしますが、僕が青年部時代に見てきた限り、その表と裏の解離の酷さに辟易しました。

「鯛は頭から腐る」

昔の人は良く言いましたが、今の創価学会の退潮傾向の要因の大きなものに、この幹部達の資質もあるのでしょう。
PR

プロフィール

HN:
運ちゃん
性別:
非公開

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
2
4
10 16
17 23
24 26 27 28 29 30

最新コメント

[05/03 NONAME]

忍者カウンター

Copyright ©  -- 想学談林-管理者の部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]