忍者ブログ

想学談林-管理者の部屋

想学談林の管理人が、たまにぼやく言葉の部屋です。 お時間があれば、お付き合い下さい。 想学談林:https://sougakusalon.wixsite.com/sougaku-danrin/home

   
カテゴリー「政治考」の記事一覧

【20171023】嵐の選挙があけて

こんにちは(  ̄ー ̄)ノ

朝からうちの嫁の機嫌が悪かった。

理由は公明党の議席が減った事からだ。比例得票数も七百万票を切ったので、退調傾向が止まらないと見た方が妥当だろう。

昨日の夜に嫁とは少し話をしたが、やはり今の創価学会や公明党のおかしさについて、理解を得ることは難しい感じがした。理由は前提条件として持ち合わせている情報の差と、選挙という行為に対する認識の違いだ。

「法華折伏・破権門理」
この言葉が頭を掠めるが、理解できない事を頭からおっかぶせても理解する事は無理だというのは重々理解しているので、これからも少しずつ時間を掛けて嫁に話をするしかない。

ただ嫁に聞いた中であったのは、地区内の婦人部でも今回の選挙で「やらない」とか「会合に出てこない」人は増加傾向にあるようだった。
会合に出てるのは団塊の世代と、それより上の世代の専業主婦の幹部世代。共働きの四十代婦人部には特に距離を置くことが顕著なように、話を聞いて感じた。

今回は選挙区の再編があり、議席数も減ったなか、自民党は一議席減、公明党は五議席減、希望と共産、社民も減らし、立憲民主が議席を伸ばしていた。

この立憲民主は日本人独特の「判官贔屓」で議席を伸ばしたが、要は今までのリベラル層の受け皿となり、新たな印象を与えたから議席増になっただけで、これが民意の大勢だとは僕は感じていない。

問題はこれからで、中身は旧民主党のポンコツ達が、これをきっかけにどれだけ有用な政治活動を取れるのか、そこに掛かってくるだろう。
昔みたいにあーだこーだ纏まり付かず、内輪揉めが目立つようなら、それまでではないかと思ったりもする。

希望の党については、一定の役割を今回の選挙で果たしたのではないだろうか。それは旧民主党に紛れ込んでいた保守的な議員をあぶり出したこと。

彼らはこれから小池都知事叩きを始める様に思えるが、それをやったらお仕舞いだ。この中にいるポンコツ達の一部は立憲民主に戻るのではないかと思ったりもするが、こちらも今後は要観察だろう。

公明党に関しては六百万票代まで落ちてきているが、自民党にとっては利用価値があるし、それは信濃町界隈の思惑と合致するから、下駄の雪はまだまだ続くだろう。

自民は流石に堅実だ。

これから国内で改憲議論も以前より活発化すると思われるが、近代史を理解していない日本人は、どの様な国にしたいのか、そこの議論を起こして欲しいものだ。
近代史を理解しないで、憲法論議をしても身がない内容になるだろうし、「アメリカのポチ」としての憲法になる可能性も捨てきれない。

終戦時はGHQだったが、いまは日米合同委員会の意を体した内容になっては意味がない。
日本は今の東アジアでどの様な国を目指すのか、世界の中でどの様な国を目指すのか。先逹の成功や失敗、良いところと悪いところを学びとり、議論ができる様にならないといかんでしょ。

選挙が終わり、これからが日本にとって大事な時期になると、今回の選挙で僕は感じている。
PR

【20171011】人類社会について

こんにちは( *・ω・)ノ

今の日本では政治ショーが花盛りですね。
各党が各党で各々自画自賛し、他党を蹴り落としながら、政治の舞台で主役を射止めることに凌ぎを削ってます。

この「政治活劇」を見てるとき、ふと思ったのが、今回の衆議院解散の真の理由は何なんだろうかという事。

今回、小池都知事が「希望の党」を立ち上げてやったこと、冷静に見ると「民進党破壊」という様に思えます。この民進党は民主党時代から、僕は「キングギドラの様な政党」だと感じてました。頭が幾つもあって、何事も決められない政党。

これは新進党解党の頃から始まって、要は自分が当選するために、旧社会党や民社党、また自民党はみ出し者や日本新党にいた議員たちがわざわざ政党をつくった様に見えてました。

だから何を決めるにも、代表が誰になろうとも、党としてまともにまとまった事が無い政党の様に見えました。

これは自民党や公明党と違い、利権などではなくイデオロギー優先のリベラル政党が故の事かもしれませんね。

自公連立は極端に言えばイデオロギーが異なろうと、利権が一致すれば団結の形を作り進んでいく事にたいして、やはり民進党はと言えば、とかくイデオロギーが先行するイメージを持っています。

まあそもそも政治というのは利権の分配や調整という側面が強く出るので、ある意味で自公連立政権の行動の方が政治の目的に沿った形なのかもしれません。

そんな常に内輪で爆弾を抱えたような政党を、小池都知事はうまく分解、バラバラにさせました。
前原代表となり、希望の党に合流という「見せ掛けの流れ」を作りながら、そちらに流れていった議員たちをぶった切り、ものの見事に解党させてしまったのです。

これで国政での民進党は終わってしまったのではないでしょうか。
あのドタバタ劇を観た多くの国民は、只でさえ民進党に白けていたのに、この醜態を晒させる事で、ものの見事に息の根を止めてしまった様に思えるのです。

あとは屍たちを枝野氏が「立憲民主党」を立ち上げて、そこでサルベージしましたが、完全に民進党は無くなった感じがします。

結果として今回の選挙では「保守、自公連立」「保守、希望の党、維新」「リベラル、立憲民主党、共産党」という、三局構造になりましたね。
この構造について国民がどの様に評価するのか、そこが今回の衆議院選挙のポイントと言ったところでしょうか。

まあここまでの話は、ネットや報道などからの僕が感じたことなんで、「そうではないんだ!」という様な意見もあるでしょうし、僕自身、他の見方もあると思ってます。ここに書いたのは、単なる僕の見方でしかありません。

少し話は変わりますが、アメリカ大統領だったアイゼンハワーは「歴史には偶然はなく、全ては必然である」という様な発言をしていました。

それは世界の中で起きる出来事は、偶然を装っているが、実は一つ一つがしっかりと用意周到準備された後に起きるという事です。

この言葉を借りるなら、今回の衆議院選挙やそれに対する小池都知事の行動も、何等か用意周到、準備万端整えられて起きた出来事であり、多くの国民はテレビやネット上で繰り広げられている出来事を見せられて、誘導されているという事は考えられませんかね?

そう考えたとき、この日本社会を舞台袖の影から眺めているシナリオライターや演出家は、何を考えて、何を目的にこの様な寸劇を彼らに演じさせているんでしょうか。

この選挙のドタバタ劇の裏でも、国内では最近あまり話題には乗らなくなりましたが、北朝鮮の問題は解決どころか、何気に緊張感が高まっている様に見えますし、世界的にも様々な事が進行中です。

なぜこの時期に解散劇を国内で起こす必要があったのか、またポンコツとは言え、なぜここまで国内のリベラルを破壊する必要があったのか。

ふと今回の選挙を見ていて考えてしまいます。

日本社会、いや世界の歴史はこれからどの様な展開をしていくのか、かなり気掛かりでなりません。

いやいや、単なる個人的な妄想で終われば良いんですけどね。

ふと感じたことを書かせてもらいました。

【20170927】公明党議員のなり方

こんにちは( *・ω・)ノ

いやー、長沢参議院議員はやらかしてくれましたね。議員宿舎に知人女性を泊めていたとか。この「大法戦」の立ち上げにあり得ん話です。池田先生はどれ程お嘆きの事でしょう。

こういった裏切り者、不知恩の輩には、御本尊様が必ずや仏罰を下すことでしょう。

なんてバカな事を言うのはここまで。
しかし公明党の迷走っぷりには笑えますね。小池都知事に「都政に専念せよ!」なんて言って怒り、連携解消を検討とか。

東京都知事選挙の前、本来ならば首長選には関与しない創価学会・公明党が、小池都知事に対して組織を挙げて罵詈雑言浴びせて非難し、当時は自民党が推す増田氏を支援。でも小池都知事が当選したら「都民ファースト」なんて言い出して都議会選挙のタマに利用。そして国政選挙では自分達の思惑と違う行動したからけしからん。

公明党に先見の眼もなく、風見鶏の様に動いたんですから、何をいまさらと思いますよ。

まあこの苦言は、山口代表や、何だっけ?都議会公明党幹事長の意見ではなく、信濃町界隈のピロシ主任副会長の意見なのかもしれませんね。なんたって自民党のカウンターパートですからね。

「この小池都知事の事について、創価学会の意見は」なんて朝の番組でやっていて、信濃町を歩くおばちゃんたちにインタビューしてましたが、まるで金太郎飴の様な意見ばかり。

こんなのが日本の政治に関与している事自体、大問題だと改めて思いました。

さて本題。
議員になるにはどうしたら良いのか。よく自民党等では議員の下で書生して、秘書を経験してとありますよね。あと民進党の場合には労働組合活動とか。共産党はそもそも政党ですから、活動家になり幹部になれば成れるのかもしれません。

では公明党から議員に成るはというと、これは僕が組織の内側から見てきた事から想定してですが、大きく2つありますね。

まず国会議員ですが、創価大学を卒業するか、もしくは有名大学を卒業し、国家官僚や弁護士になり創価学会系の事務所に勤務すること。そして学会活動はしなくても良いので、組織に従順で両親や身内に反逆者が居なく、本人も池田御大の大ファンであれば、信濃町界隈から白羽の矢が立てられるかもしれません。

また地方議員の場合はと言えば、こちらは大学を卒業し、末端組織で泥々になり活動家として働き、幹部(恐らくは分県幹部以上)として有る程度地元内で名が知られていれば、信濃町界隈から白羽の矢が立てられるかもしれません。

面白いでしょ?
国政議員は組織活動の有無は問われず、地方議員は末端組織で泥々な活動をする。
共に有るのは創価学会に対して従順だあることです。そして選ぶのは信濃町界隈です。まあ地方議員に関しては、それぞれの組織のお偉いさんの推挙と信濃町界隈の追認という感じでしょうか。

だから公明党議員は、正直、立候補した時点では政治家のイロハはありませんし、恐らく志も無いでしょう。

だって共にあるのは「広宣流布」という掛け声と、御大に対するひた向きな恋慕の想いだけで、そんな人物に信濃町界隈がある日突然「ハイ!あなたはどこそこの議員に立候補!」と指名する訳です。

そんな人間だから、それこそ御大の名前を出され、信濃町界隈から指名されたら「NOという言葉はないんだ!」と議員に成るわけですが、元々政治という事には興味も無いんですから当たり前。

公明党議員に見える人のよさ(まあ持ち合わせてない人も居ますが)と脇の甘さは、こういう処に要因があると思いますよ。

そもそも議員になった時、政治家の志もない訳ですし、あくまでも創価学会という宗教団体から後押しされて議員になるので、必然的に、信濃町界隈には従順な人が議員になりますから、これはもう信濃町界隈にとっては「良い手駒」だと思います。

いま矢野元委員長の「黒い手帖」を読んでます。創価学会草々期に議員になった人には、それは面白い人が議員にも沢山居たようで、だからこそ創価学会から見たら「不知恩の輩」とか「忘恩の反逆者」なんて言われる人々も出たのではありませんか?

今の公明党議員には、そんな面白味のある人は出てこないでしょう。あるのは信濃町界隈の意を体にして、信濃町界隈の指示通りに動く議員だけです。

以前に僕は仕事で営業をしていた事があります。ある年明けに知り合いの社長から「公明党の賀詞交換会があるから、一緒にこないか?」と誘われました。なんでも相談料がリーズナブルなので公明党とは付き合いがあるとか。
僕は個人的に気が進まなかったんですが、仕事相手の社長からの誘いを無下に断ることも出来ず、交換会に行きました。

僕の男子部時代の先輩の中に、地方議員は居ますので、会場に入るとそこかしこに議員バッチを着けた先輩がいて「あれ?運ちゃん。元気してる?」とか「運ちゃん、お前何してんだ?」なんて声までかけられる始末。その社長からも「何でそんなに議員をしってんの?」と言われましたが、答えに窮してしまいました。

今も僕の青年部時代の同期や先輩は地方議員として活動しています。でもね、こんな公明党が日本を良くない方向に動かしている訳で、早く衰退して欲しいものと念願して止みません。

【20170926】希望の21世紀にしてくれよ

こんにちは( *・ω・)ノ

日々選挙に取り組む創価学会・公明党。
一体どの様な社会を目指しているのか、先ずは創価学会の活動家に聞いてみたい。

末端組織では選挙口上を暗記するための「政治学習会」が持たれるのだろうが、本来の選挙とは政策を明確にして社会の中で議論を喚起するものであるはずだ。

しかし創価学会・公明党では、本来の行動自体忘れ去り、単に椅子取りゲームで「大勝利」を目指すだけになってしまっている。

せっかく「マニフェスト」なるモノも社会の中で語られる事になったんだから、自分達が支援をしている公明党や自民党が、これまで日本社会をどの様に変えてきたのか振り替えるべきではなかろうか。

東洋経済オンラインに以下の記事が掲載されているので、読んでほしい。

貧困に陥った若者が、「下流老人」になる未来
生活保護受給者の爆発的増加は避けられない


これは今の日本の社会状況を的確にまとめてあると言っても良い。

恐らく僕の世代(今の五十代)は「逃げ切り」のギリギリ世代だろう。しかし四十代以下の世代は、こんな社会をサバイバルしなければならないのだ。

いま巷には「非正規社員」が溢れている。多くは正社員と同じ業務をやらされながら、実質的に低賃金で働き、将来に関する保証というのは存在しない。
僕のいるIT業界では、いまの相場でエンジニアという立場にいる人の多くは年収四百万が良いところだと思われる。

では正規雇用がもし増えたとして、こういった人たちの雇用や収入が守られるのか。将来に渡って安心して働き、生活し、家族を持って生きていける世の中になるのかと言えば、IT業界に関して言えば既にグローバリズムの洗礼を受けて久しく、そんな甘い状況では無くなっているのが現実である。

正規雇用であっても、既に単価は中国やインドといった新興国からエンジニアが入り込み、通常のエンジニアとしての仕事をこなすのであれば、彼らと同等かそれ以下の売り上げしか上がらなくなっているし、そんな社員を多く抱えた企業であれば、やはり会社を守るために収益が上がったとしても、内部留保に回すのは必然であり、そこを一概に責めることは出来ない、

これはIT業界の話だが、こんな話はどこの業界でも有る事なのではないだろうか。

また正規雇用と言っても、雇用が安定するかと言えば、やはり今の日本の社会は生き馬の目を抜く様な状況にあり、会社もいつ倒産するか判らない。倒産が無くてもリストラでクビになる事も考えられる。

要は今の日本社会には、既に終身雇用制度なんて無くなってしまっているのだ。しかし社会の認識の奥底には、未だ終身雇用制度への思いが残っている。

もうこうなると個人の努力とか企業の努力だけでは、どうにもならない状態に来ているのではないか?僕はその様に感じているが、どうだろうか。

だからこそ政治のレベルで今後の日本はどうあるべきかを議論し始めなければならないと思うが、残念な事に今の日本の政治家達は、既得権益とのシガラミで、それらを守る事と自身の当落のみにご執心の政治家ばかりだ。

何故この様な貧困な政治になってしまったのか、残念でならない。

これでは日本の沈没は避けられないのではないか?

「希望の21世紀にして欲しい」

そう願わすには居られないが、残念な事にそう語っていた組織が一番、それに向けて大事な事を破壊しているのだ。

【20170921】吹き荒ぶ選挙風

こんにちは( *・ω・)ノ

僕の地元も緊急地区部長会とか言って、選挙体制への切り替えを図ってます。
この間までうちの嫁は任用試験だ初級試験だと啓蒙に走ってましたが、どうやらそう言った会員を思っての努力も一変に吹き飛びそうです。

だから真面目に学会活動なんて、やらなきゃ良いのに。などと活動放棄の旦那は思うわけですよ。

この間の会憲では「世界宗教」なんて豪語してましたが、日本国というそれこそ日蓮の云った「秋津嶋」の勢力争いに右往左往する宗教のどこが世界宗教なんだか、誰か答えてもらえませんか?

さて本題。
安倍総理が解散するのは、法律で定められた総理大臣としての専権事項なので、これは致し方なしとしても、今回はどう見ても内向き、つまり自公連立政権内、引いて云えば自民党という与党政党の都合としか見えません。

表では2019年に増税される消費税の使い道をかけてなんて、とって付けた事を言ってますが、一番の目的は憲法改正なのではありませんか?

この視点、マスコミ情報に踊らされてますかね?

何故に憲法改正したいのか、それは安倍総理が昔から言っていた「戦後レジュームからの脱却」で、要は自衛隊を軍とし、よりアメリカと共に動ける様にすること、また世界各地に派兵可能として、それを実績に日本という国の立場をより強固にしたいと云う事なんでしょうか。

一昨年前の安保法制の急ぎ方を見ていると、そんな感想を持ってしまいましたし、昨今の北朝鮮の一連の行動に関する日本の動きを見ても、そういう事なのかなと僕自身は感じてます。

まあ併せて軍需産業にも力を入れられれば、兵器を世界に売り込むことも可能になりますしね。

これに対して現行憲法を縦に反対する動きも国内にはありますが、正直こちらも盛り上がりに欠けていて、けして今の国論を動かすものにはならないと思います。

衆議院解散はほぼ不可避でしょう。
そうなると自公政権に対抗出来るのはどこなのか。本来は民進党を中心とした野党なのでしょうが、こちらは内紛・分裂を繰り返していて、どうみても政権を取れる状態には見えません。

細野新党だか何だか知らないけど、あんな事で政権を取れるだけの勢力になるとは思えません。

都民ファーストから始まった動きにしても、まだ人材らしき人もいないし、これもまだまだ海のものとも山のものとも判りません。

では民進党はと云えば、組織内がガタついていて、安心して見ていられませんから、既に政権を取れる状態にありません。

恐らくこれでは選挙をやっても、投票率は上がらないし、それはつまり組織票、ここで云えば創価学会票を抑えている自公政権に有利な事は明らかです。

困ったもんですね。
受け皿がバラバラで、まるで煮崩れしてしまった魚の様に、つまみようがありません。

さて少し話題を変えて、今の日本に必要な事は何か。これは人類社会の現実を理解すること、また明治維新から太平洋戦争に負けるまでの日本の近代史を理解することだと思うんですが、どうでしょうか。

この事について、僕より上の世代もマトモに教育されていないので、あまりにも語れる人が少ない様に思えます。

国家とは何か、国際社会とはどういうものか、戦争とは、そしてその戦争無しに存続できないアメリカという国、国連とは等々。

日本人が日本人としてこういう事を学ばずに、どの様な国家とするのか、議論が出来るはずも無いのではありませんか?

国を論ずる事が出来ない人々が、戦争を語ることは出来ないでしょう。何故なら戦争とは常に外交の延長線上にあるのですから。

いやいや、一番の理想は民族や宗教など関係なく、国境もなくして、人類皆が「世界市民」という共通の価値観に立てれば一番良いのですが、今の人類社会は国家やそれに付随する民族や宗教によって、モザイクの様に分断され組合わさっている社会です。

こういう人類社会の中では、まず国家や民族等を理解して、そこから国際社会の中でどの様に振る舞うべきかを考えなくてはならないと思うのです。

過去に池田会長は「日本人には哲学がない」という中江兆民の言葉を引用してましたが、そういう事すら議論出来ないのが今の日本ではありませんか?

また平和を叫び憲法護持で戦争反対している人達も、アメリカと日本の本当の関係すら理解できてません。

これら日本の内情は、こう言った人類社会の現実と、近代史を学んでない事も、大きく影響していると思いますよ。

政治家の質とは国民の質であると以前に耳にした事がありますが、この衆議院の解散風の強まりに、ふと考えた事を記事にしました。

僕の云う事は正解ではありませんが、これを機会に、こういう事を考える人が増えればいいなーと思ってます。

プロフィール

HN:
運ちゃん
性別:
非公開

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 7
8 9 13 14
15 17 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[10/21 中]
[05/03 NONAME]

忍者カウンター

Copyright ©  -- 想学談林-管理者の部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]