忍者ブログ

想学談林-管理者の部屋

想学談林の管理人が、たまにぼやく言葉の部屋です。 お時間があれば、お付き合い下さい。 想学談林:https://sougakusalon.wixsite.com/sougaku-danrin/home

   

【20170630】政治を監視できない

こんにちは( *・ω・)ノ

雨でジメジメ気温も高く、とても不快な陽気です。しかし天気予報を見ると関東近縁は降水量が少なく、このままいけば大渇水になるかもしれません。

やばいよね、大渇水は。
出来れば「雨土塊を砕かず」という陽気でこの梅雨があってほしいものですが、どうなんでしょうかね?

さて最近の日本の政治、こりゃ末期的な様相を呈してきていると感じます。
政治というのはマスコミにどの様な姿を露出するのか、そこも大事な事なのですが、露出するのが余りにお粗末な姿ばかり。

豊田劇場「どうちたんでちゅか~」暴言発言とそれに類する二回当選組の業態、森友学園アッキーナとか、加計学園関係とか、稲田大臣の不用意な発言等々。

考えてみたら短期これだけマスコミに「話題」を提供する政権は今まで無かった様な気がします。

本来ならばこれに対抗しなければならない野党も、元々やってる事がテンでんばらばらで、国民から見向きもされてません。
安倍政権がなぜ安泰なのかの1つは、この野党としての不甲斐なさと、旧五十五年体制を彷彿とさせる姿でしょう。

でも最近思うのは、やはり今の自民は一回下野すべきですね。

ああそうそう、公明党は個人的には無くなって欲しいものですが、そういう事は無いでしょう。何せ七百万という票をいまだ創価学会は握ってますから。

本来、七百万票を持っているのであれば、公明党が日本の政治のキャスティングボードを握れる筈なんですが、今の公明党・創価学会にはそんな意識は微塵も無いようです。ひたすら権力側に「下駄の雪」としてついて行くのが関の山。しかも過去から共産党や民進党なんかを「仏敵」の様に扱っているから、そんな野党と協力できる組織では無くなっています。

かつて戸田第二代会長は、当時の青年部への遺訓として「青年は心して政治を監視せよ!」と述べたと言います。

これは創価教育学会として経験した事からきた言葉だと思います。

昭和初期まで創価教育学会は日本の権力側とは上手くやってました。それは何度も書きますが、長野赤化教員オルグの行動でも解ることだし、大日本皇道立教会に牧口会長が参加していた事からも類推できます。

しかし政治の潮目が変わり、思想統制が始まったときに、いままで良好であった権力側との関係に歪みが出来て、結果、一気に壊滅させれたのですから、それを経験した戸田会長としては、当然の遺訓です。

当時の青年部とは今の信濃町界隈の御老公達。まあダニ川やピロシは違いますが、それ以外の老害幹部は、みな当時の青年部でした。

そして彼らが舵切ったのは、政治を監視するではなく、政治とお付き合いすること、しかも権力側と良好な関係でいる事でした。

表向きは「創価学会を守る」とか言うのでしょうが、内実は創価学会及び関係団体、またそれらに寄生する権益を守る為であり、けして理念があって執っている行動ではありません。

おそらく権力側に「重要な事」でも握られているのかと邪推しますが、それも結構当たっていたりして。

戸田会長は広宣流布の展開として、政治の分野も避けてとおれないと考えていたと言いますが、そうであれば政治に関してもしっかりと人材育成して、その彼らの自由意思により政治活動をさせれば良かっただけではないかと思います。

何も公明党なんて作らなくても良かったのでは、と思われますが、考えた見たら公明党を作ったのは第三代でしたね。

戸田会長は政党に拘らない、特定の政党に与しないなど、数々の公式発言をしてましたが、それを守らず公明党として創価学会会員達の政治活動をスポイルしたわけです、信仰にかこつけて。

恐らく戸田会長の考えていた政治との関わり方と、池田会長の考えていた政治との関わり方が違ったんですね。

日蓮という人は、鎌倉時代の僧侶にあっては珍しく幕府に意見を述べ、自律的に意見を表明するのみならず、その考え方を広くあまねく述べました。それが結果として幕府に睨まれ数多くの迫害にあったわけですね。

だから昭和初期には国柱会とか、北一輝といった国粋主義者からも、この日蓮は信じられたのかもしれません。

創価学会がもしフリーハンドで組織内で政治論議を進めたらどうだったのか。恐らく今のような異様な一致団結した政治行動は無かったと思いますし、場合によっては組織としては分裂していたかもしれません。

いや、、、分裂しないで、もしかしたら良い意味で日本の政治への活性剤になれたかもしれませんね。

歴史には「もし」は無いと言いますが、ただ日本の政治をいま一歩語る人達が増えたかも知れませんよ。

しかしその場合には、信濃町界隈に「美味しい話」が今ほど転がり込んだりもしないでしょうけどね。

とにもかくにも、池田会長が作った公明党により、今の創価学会の中では、政治の話を語る風潮はなくなり、政治の話がご利益信仰の上で語られる様になってしまいました。

これで政治を監視するなんて、こりゃ無理ですね。だって考える政治的な頭が無いのですから。
PR

プロフィール

HN:
運ちゃん
性別:
非公開

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
2
4
10 16
17 23
24 26 27 28 29 30

最新コメント

[05/03 NONAME]

忍者カウンター

Copyright ©  -- 想学談林-管理者の部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]