忍者ブログ

想学談林-管理者の部屋

想学談林の管理人が、たまにぼやく言葉の部屋です。 お時間があれば、お付き合い下さい。 想学談林:https://sougakusalon.wixsite.com/sougaku-danrin/home

   

【20170525】思想を改めないとね

こんにちは(  ̄ー ̄)ノ

この人生、自分を信じてどこまで貫徹して生きていけるのか、そこが大事な気がします。
若いときには「いずれ経済的にゆとりも出来て、悠々自適な生活できる境涯になる」と考えていたのですが、人生半世紀を生きてきて、まあ未だに窮々とした生活してますし、家庭を持っていればそこにも様々な悩みは付き物なんですよね。

さて今日のお題ですが、まずはマザー・テレサの言葉の紹介から。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

マザー・テレサ


この言葉ですが、中々含蓄深い言葉だと思いますよ。
僕が創価学会の事を語る上で、最近になって考えているのは、信濃町界隈の現状とか、その異常さ。また何も考えない末端組織のオカシサの要因とは、そもそも組織文化を醸成している思想そのものに要因があると考えています。

その思想とは、大石寺から引き継いだ日寛教学を始めとする、そこで語られた「日蓮仏法」というモノ。
そしてそれを人生の究極と信じた牧口会長の創価教育学、戸田会長は根っからの大石寺信徒で特段独自の思想性は無いと思ってますが、三代会長の池田思想もその範疇に入るでしょう。

マザー・テレサが云う「思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。」の、人の思考を作り出すものに宗教の教え(思想、教義)があり、信濃町界隈を筆頭に公明党やそれらを支える末端組織の会員のオカシサの根底に、実は創価学会の教義が大きく影響していると考えています。

だから今の創価学会の現状の変化や、改善などを求めるのであれば、やれ「池田先生の原点に戻れ」とか、最近はあまり聞きませんが「牧口会長の事を思い出せ」と激を飛ばしても意味無いし、ましてや「日蓮大聖人仏法の正しい信仰に戻れ」なんて思いません。

何故なら、それらに問題があるからこそ、会員の思考もおかしくなった訳で、そこから様々な問題も惹起している訳でしょ?

表面が腐っているのが見えたので、より腐敗の進んでいる中身に戻れと言ったところで、それは一体どのような意味があるのか。

無意味ばかりか、より原理主義に傾くだけでしかありませんよ。

僕が最近、日蓮とか日興師やその門下の歴史に着目しているのは、果たしてその思想が、教えられたようなモノなのか、それを知るためであり、そこで解ったのは、それぞれの時代で自分達への我田引水の為の思考バイアスの元で作られた教義の多さです。

こんな思想を鵜呑みにしたら、そりゃおかしくもなるわなー、というのが今の処の感想ですね。

釈迦は「自灯明・法灯明」と説きました。
単純に「依法不依人」というのであれば、法灯明という言葉だけで充分だったのですが、何故その前に自灯明という言葉を語ったのでしょう。

それは法灯明の法について自ら思索する事が重要だからだったのではありませんか?

仏教というならば、何も組織や組織が制定して師匠が語ったという内容を、単に鵜呑みにするだけではなく、それを各人の人生の中で語るだけの思想の咀嚼が必要なんですが、まあ創価学会を信じた人の中には鵜呑み丸飲み丸暗記の人ばかりですよね。

またそういう事しか教えられていないんで、致し方ないかもしれません。

でもせっかく思考できる脳みそを持っているんですから、そろそろそういう事に気づく必要があるのではないでしょうか?
PR

プロフィール

HN:
運ちゃん
性別:
非公開

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
3 4
5 11
12 15 16 17 18
19 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[10/21 中]
[05/03 NONAME]

忍者カウンター

Copyright ©  -- 想学談林-管理者の部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]