忍者ブログ

想学談林-管理者の部屋

想学談林の管理人が、たまにぼやく言葉の部屋です。 お時間があれば、お付き合い下さい。 想学談林:https://sougakusalon.wixsite.com/sougaku-danrin/home

   

【20170821】再考、創価学会仏

こんにちは(  ̄ー ̄)ノ

たしか本年始め、この創価学会仏に関する記事を書きました。

【20170108】創価学会仏、それは無い無い

この時はあまりにアホらしさが先に立ち、少々乱暴な内容となってしまいましたが、今回は少しこの創価学会仏について思索をしてみたいと思います。

創価学会仏についての創価学会のスタンスは以下の内容でしたね。

本年(2016年)7月26日の全国最高協議会への池田先生のメッセージの中で、
「御本仏の広大なる慈悲を体し、荒れ狂う娑婆世界で大法を弘通しているのは、学会しかない。戸田先生が『創価学会仏』と言い切られたゆえんである」と指導され、
かつて戸田先生が“大聖人に直結した広宣流布遂行の和合僧団である創価学会は、それ自体、仏そのものであり、末法の経典には創価学会仏の名が記されるであろう”と断言されたご指導を踏まえたものです。
 池田先生は、更に、そのメッセージの中で、“広宣流布を推進しゆく創価学会が仏の存在であり、創価学会なくして広宣流布はなく、学会を守ることが広宣流布を永遠ならしめることである”ともご指導くださった。」


まずここで考えなくてはならないのが、創価学会という和合僧団、つまり組織が仏としての存在だと断言している事なんですね。

この思想はそもそも仏教の中にあるのか、という事ですが、たとえば法華経に於いては、過去に同じ名前の仏が存在したことを述べていたりします。

「是の菩薩復千万億の衆を化して、阿耨多羅三藐三菩提に住せしむ。
 命終の後二千億の仏に値いたてまつることを得、皆日月燈明と号く。」
(妙法蓮華経常不軽菩薩品)


これは不軽菩薩が多くの人々を化導したのち、亡くなってから二千億の仏に会った事を述べ、その全てが日月燈明仏という名前だったと述べています。

あとは多くの弟子達に記別を与える時に、同じ名前で与えた例も他にありますよね。

「其の五百の阿羅漢、優楼頻螺迦葉・伽耶迦葉・那提迦葉・迦留陀夷・優陀夷・阿・楼駄・離婆多・劫賓那・薄拘羅・周陀・莎伽陀等、皆当に阿耨多羅三藐三菩提を得べし。
 尽く同じく一号にして名けて普明といわん。」
(五百弟子授記品)


しかるに法華経において、僧伽、つまり組織に仏と記載したものは一つもありません。仏が全て同じ名前、これはあるでしょうか、団体を仏なんてのは論外な説なのです。

処で仏という概念について、創価学会はどの様に考えているのでしょうか?

先の創価学会の声明では「荒れ狂う娑婆世界で大法を弘通しているのは、学会しかない。」と述べています。つまり創価学会の教えを弘めているのは創価学会なのだと云うのです。

これ、おおきな認識違いを起こしてますね。

戦後の日本において、創価学会がなぜ大きくなったのか、これは何も組織が動いたのではなく、そこに所属した一人ひとりが必死に活動したからでは無かったのでしょうか?

過去に池田会長も人間革命の冒頭に書いてましたよね。「一人の人間における偉大な人間革命は、やがて一国の宿命の転換をも成し遂げ、さらに全人類の宿命の転換をも可能にする」。どこまで言っても「一人」が主体であって、団体が主体では無かったはずではありませんか?

また「広宣流布を推進しゆく創価学会が仏の存在であり、創価学会なくして広宣流布はなく、学会を守ることが広宣流布を永遠ならしめることである」と言っていますが、これを言うのであれば、「広宣流布を推進しゆく創価学会"の一人ひとり"が仏の存在であり」と云うべき処、なぜに組織団体が主体となるのでしょうか。

非常に巧妙な論理のすり替えが行われている事に、本来であれば創価学会の活動家自身が気づかなければなりません。

「又衆生の心けがるれば土もけがれ心清ければ土も清しとて浄土と云ひ穢土と云うも土に二の隔なし只我等が心の善悪によると見えたり、衆生と云うも仏と云うも亦此くの如し迷う時は衆生と名け悟る時をば仏と名けたり」
(一生成仏抄)


これは有名な御書ですが、この御書からよく思索をしてみてください。

よしんば組織が仏と呼ばれる事があったとしましょう。それでもその組織に属している人達が仏であれば、その組織も仏としての権能を持ち合わせる事にもなるかもしれませんが、組織に属した人々が三悪道の人々であれば、逆に組織は「悪鬼」の様に、人々の命を喰らい尽くす存在にもなってしまうのです。

要は組織というのは能動的なモノではなく、そこに属する一人ひとりがどうなのかによって変化をする存在でしかないのです。

だから日蓮は「只我等が心の善悪によると見えたり」と語っているのではありませんか?

いまの創価学会は教学試験の季節で、この「創価学会仏」なる勝手気ままな邪義を、あたかも仏法に則した教えであるかの様に、会員に刷り込んでいるようですが、それは即刻止めるべきであり、活動家幹部もその異常さには気がついて欲しいものです。

仏法の基本とは、どこまでいっても「一人の人間」であり、集団組織を主体にした全体主義的な思想ではないのです。

PR

プロフィール

HN:
運ちゃん
性別:
非公開

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
2
4
10 16
17 23
24 26 27 28 29 30

最新コメント

[05/03 NONAME]

忍者カウンター

Copyright ©  -- 想学談林-管理者の部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]