忍者ブログ

想学談林-管理者の部屋

想学談林の管理人が、たまにぼやく言葉の部屋です。 お時間があれば、お付き合い下さい。 想学談林:https://sougakusalon.wixsite.com/sougaku-danrin/home

   

【20160329】壊れ行く日本、かなぁ

こんにちは(  ̄ー ̄)ノ

陽気も春らしくなってきましたが、昨日は都内で雹と雷鳴が轟いていたとか。
僕は全然知りませんでした。
丁度季節の変わり目なので、そういう天気もあるのかと思いますが、いまの日本も同じなのかなとかふと思ったりします。

さてさて、創価学会ではどうやら「衆参ダブル選挙」も視野に入れた活動展開を始めたようです。

まあ信濃町界隈もここまでよく会員をコキ使うものだと思いますが、当の活動家会員がそのような認識になっていないので、組織内にはそういった考えは無いでしょう。

「お元気な池田先生と師弟共戦!」

そんな感じなんですかね?

さてここらからが本題。
前からもよく書きますが、日蓮と言えば「立正安国論」ですが、そこでは人々の心が乱れると国土を含めて社会全体が崩壊していくという事が書かれています。

これを「神天上の法門」といい、諸天善神が法味を得られなくなり国を捨て去る。そうなると国に悪鬼がきたりで国土が乱れる。そういう事を述べています。

もともとこの思想は中国にある思想が仏法の中に混入した事もあるのでしょう。しかしある意味で正鵠を得ている処もあると考えています。

「諸天善神」とはなにか。
これは人々の生命の中にある「善性」だと僕は考えています。そして「法味」とは、善き事を推奨する社会的な雰囲気という事かもしれません。

まあ「雰囲気」というような曖昧模糊な表現もどうかと思いますが、人々が善い行動を取ろうとする、またそういう行動を考える事が当たり前の状態、またそういう事を推奨していく社会であれば、そこに住む人たちも守られていくでしょう。

しかしその様な「雰囲気」が無くなると、人々の中から「善性」というのが無くなり、それぞれが我利我利で生き始めて生き始めます。そうなると社会というのは人を守るのではなく、人を利用し潰し行く存在へとなっていく。

そういう事を「神天上の法門」というのではないかと考えています。

日蓮が御書の中で「諸天善神は法華経の行者の頭に宿る」と述べたのも、こういう事からではありませんか?

さて日蓮は、それを建て直す為に「法華経を中心とした仏法の確立」を述べ、その為にお題目を唱え、人々の心の立て直しを始めたのでしょう。

僕はこのお題目とか法華経とか、また御本尊と呼ぶ文字曼荼羅にしても、人々の中にある「善性」を強める為の「手段」だと思います。中心は必ず人であり、人間なんだと思うのです。

しかし今の日本社会というのは、そうではありませんよね。

人は目的とはならず、あくまでも手段に過ぎぬ。

これが今の日本、いや世界を覆う風潮の様に思えます。
日本国内ではびこる「自己責任」という言葉はその最たるものではありませんかね?

創価学会にしても同様で、いまや会員は手段に成り下がってしまいました。
そしてそんな組織がいまや日本という国のいく末を左右する存在にもなってしまいました。

Twitterでも少し触れましたが、今の創価学会にはアクセンチュアという外資系のコンサルタント会社が入っているようですね。

このアクセンチュアですが、世界中の名だたる企業に業務コンサルとして入ってますが、多くの目的が「業務効率化」であったり、より売り上げを挙げて収益率を上げるための組織改革なんかを行っています。

まあ間近で言えば、アウディにもコンサルを行い、そこでアウディは組織改革を断行して収益率を上げたのは有名な話です。

つまりアクセンチュアというのは企業(要は営利組織)のコンサルを手掛ける会社なんですが、そんなものか創価学会に入っていると言うことは、創価学会も営利組織ということなんでしょう。

詰まるところ会員をメシの種(市場と言っても良いかと)として、信濃町界隈を企業として、如何に収益率の高い組織となるか、それを永続的に続けられるのかというコンサルを、いまの執行部をはじめとして学会本部は受けているのではありませんか?

そこにある思想と云うのは、会員を目的とはせずに利用するという視点でしかないように思います。

そんな執行部が指導する組織が日本の行く末を左右しはじめているのですから、日本の将来も暗嘆たるものです。

これから先、創価学会以外の有権者の処に活動家たちが支援のお願いで訪問していく事でしょう。願わくば会員以外の人たちは、彼らを褒め称えたりしないで欲しいと思います。

創価学会への罵詈雑言が99あったとしても、褒め称える言葉が1あれば、組織内では活動体験として、それが百倍に膨らして会員たちを鼓舞する言葉になってしまいます。

しかし今の日本は行くところまで逝かないとダメなんでしょう。
国内を見ていても未だ震災復興は立ち遅れ、福島第一原発は放射性物質を撒き散らして、しかも雇用すら安定するどころか格差をより大きくしている状況です。

にも関わらず「オリンピック」に夢を持ち、テレビをつければ相も変わらず空騒ぎばかり。

最近どうもため息しか出なくなりました。
PR

プロフィール

HN:
運ちゃん
性別:
非公開

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
2
4
10 16
17 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

[05/03 NONAME]

忍者カウンター

Copyright ©  -- 想学談林-管理者の部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]