忍者ブログ

想学談林-管理者の部屋

想学談林の管理人が、たまにぼやく言葉の部屋です。 お時間があれば、お付き合い下さい。 想学談林:https://sougakusalon.wixsite.com/sougaku-danrin/home

   

【20160420】国家安全保障と平和

こんにちは(  ̄ー ̄)ノ

まだまだ熊本方面の震災は沈静化する兆しすら見せませんね。
現地の被災者の苦悩はいかばかりか、簡単に推し量る事は出来ないでしょう。

東日本大震災から五年後に、今度は熊本方面でこの様な災害が発生したことに、僕自身、この日本の社会について様々な事を考えてしまいます。

昨年騒ぎとなった「安保法制」ですが、僕は国家安全保障という事は、是非とも日本としては意識すべきものだと考えています。

そしてこの安全保障とは、何も集団的自衛権だけではなく、この様な災害に関してもどの様に国家として取り組むべきなのかを考えることも必要ですし、その際の周辺国との付き合い方、これはインテリジェンスも含めてですが、含まれるべき事だと考えています。

例えば大正12年9月に発生した「関東大震災」の時には、当時黄海にいたアメリカの太平洋艦隊八隻が、発生四日後に東京湾に来たと言います。
名目は救援部隊でしたがそこに情報員も紛れ込んでいて、当時の東京の震災状況を調査、その内容が後の東京大空襲に利用されたと言います。

また東日本大震災当時ですが、ロシアの空軍機が「放射能測定」を名目として日本領空ギリギリを飛び回り、中国は尖閣諸島の海上自衛隊艦に異常接近を繰り返していたそうです。
またこの当時、香港の新聞には「尖閣諸島を今こそ奪取する好機」という記事が掲載されたりもして、今の時代にあっても国際社会は相手国の危機管理を見きわめ、隙あらばという状況もあるのです。

「アメリカはトモダチを見捨てない」

今回の熊本地震でアメリカはこの様に表明し、オスプレイを派遣して援助物資の搬送に協力してくれています。

この事について、従来通り「オスプレイは危険だ」とか「この機に宣伝している」とか云い、何かと騒いでいるマスコミ等も居るようですが、そりゃ観点が違うと思いますね。
日本は今、震災で混乱し国民のなかには物資不足で苦悩している人も居るのですから、まずはアメリカの行動には感謝すべきではないでしょうか。

その上で日本政府が、この混乱期に如何に日本の安全回復をするのか、またインテリジェンスを含めて必要な対応を取ることが出きるのか、そこが大きなポイントだと思いますが、いかがですか?

前にも書きましたがガルトゥング博士は安保法制に寄せた言葉の中で「日本は憲法九条を安眠枕にした平和」と揶揄していましたよね。

本当は日本の中で、一人一人が国家という存在を理解し、その上で国家の安全保障という意識を持つことが大事であり、そこで「安保法制」という議論になるべきだと思うのですが、未だにその前提にも立てないような国となっていませんか?

だから安倍自公政権は、平気で憲法をないがしろにして、些末的な議論で中途半端な安保法制を施行させてしまったのでしょう。
またそれに反対する人々の議論も、これはこれで噛み合わない状態になっているように思いますよ。

本当に平和な時代を一日でも長く続けたいのであれば、国民がその様な意識に立つ必要があると、僕は考えているんですけどねー。

これって変な事でしょうか。

そりゃ周辺国も含めて「信義」足り得る国ばかりであれば、戦争なんて考えなくても良いと思いますし、国防なんて言って戦う組織なんて不要でしょう。
今回の様な災害が発生しても、その復興に注力だけすればよく、野暮なことは不要です。

しかし現実は異なります。

国家とはそもそも国民やそこに住む人たちの利害組織です。だから隙あらばという姿勢は常にあります。

中国やロシア、そしてアメリカも自国の利益を第一優先で考えています。あ、、、あと韓国や北朝鮮もそうです。

「国を失い家を滅せば何れの所にか世を遁れん」(立正安国論)

国の安全保障とは、何も戦争や紛争だけの事を言っているわけではなく、クライシスマネジメントを含めて、インテリジェンスをも念頭に、如何に国を守るのか。

そしてその先頭に立つのは政治家でしょう。
しかし今の政治家連中を見ても、そう言った観点を持っている人はほぼ皆無に見えますよ。

本来であればそういう広義の意味もあるのですが、今の日本にはこう言った事は皆無ですね。
この点で云えば、まだ幕末の人々の中には、この様な意識が高かったと思えてなりません。
PR

プロフィール

HN:
運ちゃん
性別:
非公開

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
2
4
10 16
17 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

[05/03 NONAME]

忍者カウンター

Copyright ©  -- 想学談林-管理者の部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]