忍者ブログ

想学談林-管理者の部屋

想学談林の管理人が、たまにぼやく言葉の部屋です。 お時間があれば、お付き合い下さい。 想学談林:https://sougakusalon.wixsite.com/sougaku-danrin/home

   

【20160603】日本を憂う事

こんにちは(  ̄ー ̄)ノ

今朝は長野で氷点下の気温と聞きました。
空気も乾燥しており、梅雨間近と云われてもホンマかいなという感じの天気ですが、関東の梅雨入りは来週頃のそうなので、こりゃ体調管理に気を付けないといけないですね。

さて、安倍政権は消費税増税を再度先伸ばしにしました。これについては賛否両論有るところですが、僕自身の立場から云えば、やはり助かったという感じです。

5%から8%に上がっただけで、生活の支出が増えたことを実感してますし、やはり賃金が上がらない中で、更に支出が増えるのはどーも辛い。

これから先、年金などなしっかりと支払われるなら、それも当てに出来ますが、恐らく僕の世代は支給年齢が上がり、貰えないでしょう。

まったく「年金安心100年プラン」はどこに行ってしまったんでしょうね?

「一億総活躍社会」と言ったところで、生活の糧を得るだけの収入は、やはり高齢になると望めませんので、そこは蓄えなくてはならず、結果としてこれ以上の支出は控えたい処です。

こういう感覚、持っている人は結構多いのではないでしょうか?

考えてみれば「人からコンクリート」という言葉を掲げて民主党政権が過去に発足しましたが、結果としては日本の中で混乱を招くだけで終了。その結果に対して国民は政治に対して大いにシラケてしまったのです。

本来、二大政党制を求めた小選挙区制も、政権の選択という目的を果たせぬまま、現在に至っていますが、何故この様な状況になったかと云えば、やはり受け皿となる政党や政治家が見当たらない事でしょう。

安倍政権の「本丸」は憲法改正と言われていますよね。その背後には「日本会議」という名前がチラホラ見え隠れしています。
安倍政権が何故、憲法改正を求めるかと云えば、まあ安倍総理の想いもあるのでしょうが、そこには日本の過去の亡霊が居るとも言います。

現行の憲法ですが、第九条ばかりがトピックとして取り上げられがちですが、その他の条項を見ると、それなりの憲法だと思います。だから九条については見直しをしても、その他の条項についての見直しは慎重であるべきだというのが、僕の考え。

しかし自民党あたりは、大きく改正を希望しているようで、それも問題の一つです。

そもそもですが、今の日本で「憲法論議」が出来るのかと云えば、これまた難しい事です。何故ならば「憲法論議」には国の本来あるべき姿という認識が必要なのですが、今の日本国民の中に「国」とか「国家」という認識があるのか、まずはそこからです。

僕の世代もそうですが、近代史というのをマトモに学んでいません。

潘幕体制であった日本を、明治の元勲と云われた人が何故大急ぎで近代国家という事を急いだのか。そして日清・日露戦争とは如何なる歴史的な意義があったのか。
そしてその延長戦上で太平洋戦争とは、どんな意味があったのか。何故あの様な愚かな戦争へと日本は駆り立てられたのか。

そういう事を教えられていません。

これは僕だけではなく、今の二十代から六十代あたりまで、恐らく等しく同じ状態だと思うのです。

そんな認識の国民から政治を付託されたのが、今の国会議員であり政治家なんですから、まあお眼鏡に叶う人材なんて居るわけがない。

結果として今の日本の姿になってしまってます。

しかも現行の憲法は安保法制により、故・後藤田正晴氏が危惧した「蟻の一穴」が空いてしまった状態です。このまま行けば「有名無実化」する危険性も含んでいます。
しかしこの認識を持っている日本人は幾人いるのでしょう。

安保法制と憲法の問題は、「戦争が出来る国になった」ではなく、「法治国家の形を壊した」というのが問題なのです。

戦争とは国家外交の行為の延長であって、憲法で縛る問題では本来は無いと僕は考えています。
しかしこの点についても、単なる感情的な戦争反対論議のみだけで、話の本質に近づく事はないでしょう。
若者の活動と言われているSEALDsの活動方針も、その域を出ていません。

野党辺りは、そこを対立軸にして合同し、安倍政権と対峙しようとしているのでしょうが、そこも論点が違うだろうと思いますね。僕なんて寧ろそんな視点しか持てない野党議員には辟易しています。

今の日本に必要なのは近代史を学ぶことでしょう。簡単に一言で云えば「教育」です。

過去に創価学会の池田名誉会長は「教育の重要性」について述べていました。当時はさすがだなあ~と思っていましたが、創価一貫教育を受けた公明党の国会議員や信濃町界隈の姿を見て失望しましたね。

これは極めて個人的な思いですが、日本の抱える病巣はとても根深いものがあります。

これを単にデモ行為や、反戦反核行為で何とか出来るものではないでしょう。

また極東アジア地域は、軍拡する中国や、アホたれの様な北朝鮮・韓国の動きで、かなりのリスクを溜め込んでます。

政治は常にベターな選択しかないと理解してますが、今の僕にはそのベターすら見つけることが出来ません。

そんなこんなで、この国の行く末を僕なりに熟れいていたりします。
PR

プロフィール

HN:
運ちゃん
性別:
非公開

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 7
8 9 13 14
15 17 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[10/21 中]
[05/03 NONAME]

忍者カウンター

Copyright ©  -- 想学談林-管理者の部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]