忍者ブログ

想学談林-管理者の部屋

想学談林の管理人が、たまにぼやく言葉の部屋です。 お時間があれば、お付き合い下さい。 想学談林:https://sougakusalon.wixsite.com/sougaku-danrin/home

   

【20160621】輪廻転生について

こんにちは( *・ω・)ノ

今日の午後は関東も荒れ模様の天気になるとか。
できればこういう日なんかは家に居たいものですが、世の中そうは問屋が卸さないもので、しっかりと今日も職場でやることが沢山ありまして、そうそうズル休みをさせてもらえません。

昨日も朝から客先で、夕方にはシステム試験のため外出と、ほぼ歩き回っていましたが、家に帰りパソコン見たら面白いネタを見つけたので、今日はその子とについて記事を書いてみます。

「生まれ変わり」は本当にあるのか?前世の記憶を持つ6人の子供たちのケーススタディ
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52219990.html

「輪廻転生」これは生まれ変わりとも関係しますが、今の時代にあって未だ「神話」の様に語られています。
簡単に云えば科学的に証明が出来ないので、そういう事はマニアックな部類のものとして扱われていますよね。

チベット仏教では、この事は当たり前の事としてあって「ダライ・ラマ」とか「パンチェン・ラマ」という活仏は、輪廻転生を繰り返し人々を救済するものとして、亡くなった時には転生した子供を探すことが制度としてあります。
まあチベットとは生きることが困難な地域なので、死生観としてこの様な文化が出来たのかもしれません。

先のサイトで、米バージニア大学医学博士であり精神科医であるジム・タッカー博士の仮説は量子力学の観点から書かれていますが、とても興味深いものでした。

「科学的」という言葉を私たちはよく使いますが、この従来の言葉をある意味でひっくり返したのが量子力学です。
「シュレティンガーの猫」なんて話はどう聞いてもおかしな話であり、ボーム解釈なんてのは、とんでも理論にも聞こえます。

「月は我々が観測するから存在する」といった議論は、かのアインシュタインを悩ませたものですが、先のジム・タッカー博士の理屈も、この量子力学から展開しています。

そもそもですが、私たちはどの様な「存在」なのでしょうか。
そしてこの宇宙とはどの様なものなのか。
これ等について、実は現代文明はなんら明確な回答を出していません。

だっていま生活しているのは、僕の場合は日本の関東近郊であり、これは地球という太陽系惑星の場所です。
こんな記事を書いている現在においても、地球は太陽の周りを公転し、この太陽系自体も銀河系の周辺を移動してます。そしてこの宇宙には、この銀河系の楊な集団が無数にあって動いています。

ではその果ては、、、となると、誰も解ってません。解ってないのですが、その不明確な中、私たちはこの星の上で日常を生きているわけです。

つまり実に不明確な場所で私たちはそれらを「確実な実在」と思い込んで生きてあるわけです。

また自分自身という存在についても同様で「どこから来て、どこへ行くのか」を、多くの人達は考えもせずに、日常を生きています。
この自分の存在は、たかだか数十年で泡のように消え行く存在なのか、実は死んでは生まれ、生まれては死ぬを繰り返す存在なのか。そこは誰も解りません。

この輪廻転生ですが「因果の法則」と併せて語られることが多いですよね。
例えば前世に泥棒をしたら、今世には貧乏人として生まれるとか、また過去世の行いの結果として、この人生の苦悩を受けているなど。

これは日蓮の御書にも随所に書き記されていますが、これもどうなんでしょうか。

僕も昔はこの考え方を信じていましたが、でもよく考えてみると、これは人間を縛る思想となりはしないかと考えたりします。

だって人間、もしこれが真実であれば、生き方をスポイルしてしまう思想にもなりませんか?
「貧乏なのはお前が過去世に行った宿業なんだ!」
こんな事を語っても、他にどんな意味があるのでしょう。

インドに生まれた釈迦が壊したかったのは、当時のインド社会に根付いていた、この様な輪廻転生の考え方だったのではありませんかね?

その究極として出てきた思想が「久遠実成」という思想なのでは無いでしょうか?

さてさてこの話。書いている僕も落とし処がよくわからなくなってきましたので、そろそろ終わりにしたいのですが、少なくとも人生をいきる上で、この輪廻転生という事についても、少し位は考えても良いのではありませんか?

今日のお題はこんなところで。
PR

プロフィール

HN:
運ちゃん
性別:
非公開

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 6 7 9
10 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[10/21 中]
[05/03 NONAME]

忍者カウンター

Copyright ©  -- 想学談林-管理者の部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]