忍者ブログ

想学談林-管理者の部屋

想学談林の管理人が、たまにぼやく言葉の部屋です。 お時間があれば、お付き合い下さい。 想学談林:https://sougakusalon.wixsite.com/sougaku-danrin/home

   

【20160829】無意味な活動だと思う

こんにちは( *・ω・)ノ

8月24日は創価学会の池田名誉会長の「ご生誕日」だそうで、各地でそれに意義付けをしての会合が開催されたようですね。

「お元気な池田先生のもと、盛大に開催、誠におめでとうございます(拍手)」

地域の会合をやったりする場合、本部に中心者となる幹部はお手紙をもっていったりして、そんでもって「メッセージ」とかいう第一庶務あたりが作文したものが来たりすると、そのファックス用紙を恭しく黒盆に載せて、役員あたりが白手袋つけて持ち、幹部なんかが言うわけです。

「本日の会合に池田先生からメッセージを戴くことが出来ましたー!」

そして「慎んでメッセージを拝読させて戴きます」と有り難がって拝読し、そのあとには「池田先生の一念に収まった会合開催、誠におめでとうございまーす!(拍手)」なんてね。

またこういう会合をする場合、やはり幹部は結集に血眼となります。支部なら支部長、圏ならば圏長あたりは「何名結集できるか」に勝負感をもって取り組みます。

要は数が多ければ「大勝利」、数が少なければ「敗北」になるんですね。この事については過去に池田名誉会長が「勝てば愉快、負ければ悲惨」とか指導してますので、そりゃ幹部は必死になりますよ。

僕も過去に幹部してましたから、このあたりは容易に想像できたりするんですよね。
これは四半世紀前から変わらず、脈々と受け継がれた「創価学会の戦い方」みたいなもので、未だに変わってないようです。

でもね、今更ながら思うんですが、こんなことにどんな意味があるんでしょうか?

例えば何かと記念日を作り、そこに会員を集めて会合を開きますよね?
まあ幹部あたりは「池田先生との誓いの戦い」とかやりますが、参加する会員はどの様な気持ちなんでしょうか?

そりゃ活動家の会員は「大事な会合だから」と参加すること自体に意義を見つけるのでしょうが、こんな数をかき集める場合には、参加することに意義があるみたいなオリンピック精神紛いの事は通じません。

せっかくの自分の時間を、いわば活動家幹部との人間関係とか、家族の人間関係だこのために浪費するわけです。

幹部なんかは大勢集まった会員を見渡し「おー!今回は大結集出来たな!おめでとう!」なんてやりますが、こうなると参加する普段活動なんて興味ない人達は「会合のダシ」程度でしかありません。

だいたい、こんな会合の場合、始まる際には最近話題のオンデマンド・ビデオを流し、そこでは「私は創価学会でこんなに変われた」みたいな内容が垂れ流されます。
そして会合内容もありきたりな「体験談」とかお偉い幹部あたりの「ご託宣」が駄々流され、参加した人の多くは下を向いたりしてますよね。

これはつまり幹部の自己満足のためでしか無いということでしょう。
まあ開催する側は「勝負」と人数を集めるために張り切ってますが、参加した人たちに何を与えるのかという観点なんて、大抵ありませんから、来た人たちには時間の無駄にしかなりません。

全くもって迷惑千万ではありませんか?

また会合の中で幹部が語る「ご託宣」についても、例えば世界にどれだけ広がったのか(創価学会という組織が拡大したのか)を得意満面に語りますが、いまの創価学会に広めるべき哲学思想なんてありませんよね。

単なる感傷的な池田イズムくらいです。

こんなものを広める意義が、果たしてどれだけあるのか、いまの僕には理解すら出来ません。
だから今の創価学会の活動には意義を感じませんし、そんな活動は人生の時間の無駄にしか感じないのです。

でも未だに創価学会では、先にあげたような活動を脈々と行っているんですから、巻き込まれた人は大変ですよね。

ホンと、ご苦労様ですとしか言いようがありません。
PR

プロフィール

HN:
運ちゃん
性別:
非公開

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 6 7 9
10 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[10/21 中]
[05/03 NONAME]

忍者カウンター

Copyright ©  -- 想学談林-管理者の部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]