忍者ブログ

想学談林-管理者の部屋

想学談林の管理人が、たまにぼやく言葉の部屋です。 お時間があれば、お付き合い下さい。 想学談林:https://sougakusalon.wixsite.com/sougaku-danrin/home

   

【20160830】戦争なんて無ければ良いが

こんにちは( *・ω・)ノ
先日、Twitterでシリアの爆撃で傷ついた子供を抱き抱える写真を見ました。
あの様なシーンを見るたびに、胸が締め付けられる想いに駈られます。もし自分の子供が爆撃で同じ様な事になったら自分はどの様に思うのかと。
自分が戦争で傷つくのはまだ良い。しかし自分の子供が傷つくのは耐えられない。これは世界共通の親の想いでは無いでしょうか。
しかし現実にこの地球上では、この現在もこういった悲劇は起きています。
この世界には沢山の悲劇があります。何も戦争だけではありません。
貧困、格差、差別、あげたら切りが無いくらいに悲劇の元は転がっています。
「この世界から悲惨の二字を無くしたい」
これは創価学会の戸田会長の言葉でした。そして創価学会はこの為に存在すると信じていましたが、どうも昨今の創価学会には、そういった思想は無くなってしまったようです。
今の創価学会にあるのは、信濃町界隈で蠢く閨閥主義であり、自組織の権益保持であり、その為に如何に会員を利用するかという思想。
この点について、末端組織の幹部や活動家に話をしても「裏切り者にはバチがあたる」「池田先生はすべてご存じだ」「だから私たちは安心して活動すれば良いんだ」という意見が大半です。まあ中には理解する人もいますが「創価学会は自己認定と功徳がほしい人が大半だから」で終わってたりして。
しまいにゃある幹部は「運ちゃんも功徳が欲しいでしょ?一緒に感張りましょうよ!」なんて言ってくる始末。
確かに僕も当初は「問題を解決したい」と思い、活動を始めましたが、今では創価学会の云う功徳なんて興味もありません。
この世界から悲惨の二字を無くしたい。責めて戦争だけでは回避したい。
そんな事を考えても、これが中々答えが出ない問題です。
戦争について、歴史を学ぶと表面的には様々な理屈が着いてきます。国の対面、国家や民族の存続、主義主張等々エトセトラ。
しかし深堀をすると最後に出てくるのは「資本」の二文字なんですよね。
例えば中近東なんかでは、何かにつけて欧米も入り混んでドンパチ始まりますが、北朝鮮なんて、そう簡単には戦争再開とはなりません。
あの奥歯が晴れ上がった様な容姿の若き大元帥さまが、これほどヤンチャしても中々戦争にならないのは、やはり北朝鮮が不毛の半島だからかと思ったりします。
でも今後まだヤンチャが過ぎるようならば、やはりお灸を据えるために戦争になるかもしれませんね。
過去にある傭兵経験者が言ってました。
戦争を起こすのは「資本」だと。そしてこの資本とはありきたりなロックフェラーやロスチャイルドと言った存在ではなく、その彼らも操る「資本」そのものだと。
考えてみればこの「資本」で人々は躍り狂います。だから僕なんかは最近「他化自在天(天子魔)」が具現化した姿の一つは「お金=資本」ではないかと思ったりしています。
国が方針を決めるのも資本によります。また人が働くのも資本を得るため。そして創価学会が狂ってしまった根本も資本が関係していませんか?
そして二十世紀末から発展したネットワークにより、この資本は国境を超えて動き始めています。現に為替市場は各国の思惑とは別の動きをしてますよね。
だからといって、資本がすべて悪いわけではありません。問題なのは人類が資本に躍り狂わされていると云うことだと思うのです。
ではどうしたら良いのか。
そこには仏教の思想も有用なものになると思うのです。資本とは突き詰めていけば人間の欲望であり、仏教のなかんづく大乗仏教では、欲望を否定せず、その昇華という観点をもってますからね。
でもそれをどの様に人類社会の中で展開すれば良いのか。そこには多くの人の智慧と努力が必要なんですが、仏教を学ぶ人たちのどれだけの人が、その事を理解しているのでしょうね。
世の中から「悲惨の二字を無くしたい」。
これは戦争を経験してきた戸田会長の生の叫びであるはずです。
そんな事を考えてますが、少なくとも今の創価学会では、この議論すら無理なことのようです。
でも何とかしたいものですね。
PR

プロフィール

HN:
運ちゃん
性別:
非公開

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 7
8 9 13 14
15 17 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[10/21 中]
[05/03 NONAME]

忍者カウンター

Copyright ©  -- 想学談林-管理者の部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]