忍者ブログ

想学談林-管理者の部屋

想学談林の管理人が、たまにぼやく言葉の部屋です。 お時間があれば、お付き合い下さい。 想学談林:https://sougakusalon.wixsite.com/sougaku-danrin/home

   

【20160909】処分者リストがあるそうで

こんにちは( *・ω・)ノ

何だか日々仕事に相も変わらず追われています。その分、実入りも入るし仕事関係で実績となるのは良いですが、いかんせん体がついてこない感じがしますよ最近。

まあ子供たちが成人するまでは、生き抜かなければならないので、用心用心という処でしょう。

あー、何でも聞くところによれば、創価学会の幹部の中に新たな「処分者リスト」が出回っているとか。配布元は信濃町界隈だそうです。

詳細はここではボカしますが、相変わらず信濃町界隈にいる宗教貴族どもは暇人ばかりなんですね。

まあ青年部時代、本部運営をやってたとき、例えば国際友好会館や、あの信濃町あたりに散らばる各会館でも、多くの「暇人」の姿を見てきましたので、彼ら宗教貴族ちの暇さ加減は簡単に想像がつきますが。

彼らにして見たら、夜になるとそれぞれの地域で「大幹部様」ですから、忙しいのかもしれませんが、昼間はかなり暇なんでしょう。

優雅なものです。

思うのが創価学会が会員に「処分」という事にどれだけ重さが有るのでしょうか?

例えばその対象者が正役職者であり、組織内にも責任感が強い人であれば、例えば「活動停止」とか「会館立ち入り禁止」なんて云うのはかなり響くかもしれませんね。なんたって本人の面子にも関わりますからね。

また真面目に取り組んで、地元組織で信用が厚かったりする活動家の場合、それこそ信濃町界隈という「天上人たち」から「処分するぞー!」なんて云われたら、それこそ今までの人生を支えてきた創価学会が手のひら返し、それを見た地元の活動家達からも「裏切り者」「信心が狂った人」と見られ、交流も即座に途絶されるので、やはり恐れるのかもしれません。

あと高齢者にとっては、自分が死んだ後の「学会葬」が出来なくなるのも、恐怖になるかもしれませんよね。

でも僕からすれば、例えば地元幹部から「普段の言動まかりならん!」と「活動停止」や「会合参加禁止」「会員との接触禁止!」「会館立ち入り禁止」なんてやられても、何らいまの生活には変化はありません。

もともと地元でも「信心がおかしくなった元青年部幹部」とみられ、様々な影口がなされ、いわゆる「内部=活動家」との交流もありません。
会館も行きたくないが、嫁に連れられたりする程度で、会合なんかも別に参加すらしてません。
また葬式なんかは、残った家族が負担にならない形でやってくれれば良いだけです。

そう考えると、やはり処分者リストなんてのは、少しでも「創価学会の信仰心」が残っている人たちを苦しめるモノ以外の何者でもないという事で、ここに狂える信濃町界隈の姿が見え隠れします。

過去に僕の先輩なんかは声高々に言っていました。
「池だ先生は、自分から会員を切ることは無かった」

しかしその池田会長の元て「薫陶」を受け、いわゆる職員となり信濃町界隈にいる人たちと来たら、まったく真逆な事ばかりやるんですね。

一人くらいマトモな人間が居れば良いのにと思いますが、聞くところによれば、信濃町界隈の職員連中は「ヒラメ族」ばかりで、いつも上ばかり見て戦々恐々してるとか。

こんな阿呆な組織に成長させたのは、やはり「三代会長」であり、その成果なんだろうなあと、枠外にある僕なんかは思ってやみません。

今回の処分者リストは関西方面が多いらしいので、くれぐれもご注意くださいね。
PR

プロフィール

HN:
運ちゃん
性別:
非公開

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 6 7 9
10 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[10/21 中]
[05/03 NONAME]

忍者カウンター

Copyright ©  -- 想学談林-管理者の部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]