忍者ブログ

想学談林-管理者の部屋

想学談林の管理人が、たまにぼやく言葉の部屋です。 お時間があれば、お付き合い下さい。 想学談林:https://sougakusalon.wixsite.com/sougaku-danrin/home

   

【20161115】想学の勧め

こんにちは( *・ω・)ノ

今月はど赤字になりそうな予感です。

仕事は忙しいのですが、職場では残業規制がかかってまして、残業がなかなか出来ません。

正社員であれば固定給なので、残業しなくても収入は確保されていると思いますが、僕は「半個人事業主」の立場なんで、やはり少しでも稼ぐためには残業をしなくてはいけません。

幸いにして残業するほど仕事があるのですが、昨今の社会情勢もあって、勤務先では残業を規制し始めています。
それで仕事が回れば良いのですが、実際にはあちらこちらに納期遅れのほころびが出て、その煽りを食うのもパートナーという、僕の様な立場の人達です。

「プライベートとのワークバランスを考える施策」

勤務先のお偉いさんは力説してますが、そうであれば正社員の能力を上げて、毎度の遅刻や勤務時間中の居眠りを何とかしてほしいもんですね。

さて今回は「想学の勧め」として記事を書きます。
僕は青年部時代の約二十年、創価学会の指導性や教義と云うものに、正直あまり問題意識をもってませんでした。

いわば教えられたように動き、言われたことを鵜呑みにする。

何せ活動量が半端ではなく、毎日深夜、たまには朝方まで会合だ打ち合わせだ個人指導だ任務だと駆けずり回っていましたし、土日なんて平日よりも多忙なんですから、考えるという習慣がありません。

先輩からはよく「思索する時間は持てよ!」と言われてましたが、それでも深読みやその内容について反芻する事も出来ずにいました。

しかし非活になってから時間ができて、そこから様々な書籍を読んだり、人と会って話を聞いたりして、そんなこんなで最近になって御書や法華経等を読み返してみると、ありゃこれは?という事が多々ありました。

これは日蓮の生涯しかり、仏教史や宗史もしかり。世界や日本の動きなんかも同様ですね。

要は最近になって解ったのは、よくもまあパッチワークの様に教義や歴史を構築し、さも「完璧な思想、そして団体。その指導者」というモノを作り出したもんだと感心さえします。

例えば仏教。
創価学会では任用試験から青年教学一級という教学ランクがあって、それぞれに学習して試験を設けて認定してますが、そこで学ぶことは仏教の処門にもあたりません。

考えてみれば仏教とは、釈迦を淵源とした一大哲学であって、一朝一夕でわかり得る物ではないんですね、当然の事ながら。
そしてその一大哲学で、人間の人生を全て掌握しきっているかと云えば、実はそうでもなく、昨今のスピリチュアルで語られている世界観を、仏教の中に取り入れる事も出来ません。

まあ人類数千年の歴史の中で、今ほど情報が氾濫し、また地政学を飛び抜けるような情報の交流があった時代なんてありませんから、当然と云えば当然なんですけどね。

過去の人師や論師は「紙や文字」と言ったメディアと、人伝のネットワークの中で、ゆったりとした時間軸で思索を進めてきたので、やはり思考的には幅が狭く、且つ深淵な展開を行ってきました。

しかし現代では情報が溢れ返り、ワイヤーによるデジタルなネットワークの中で、距離間がほとんど無いという時間枠の中で、思索を進めなくてはなりません。

こりゃどうしようもなく、人間を混乱させてしまいます。

こんな時代だからこそ「想学」という観点が大事になってくると思うんですが、どうでしょうか?

一人ひとりのキャパシティなんて、似たり寄ったりで、大したことがありません。
そこで「想像」して、それを考えて、場合によっては多くの人と交流の中で「学んで」いく。

従来発信された情報についても、そこに想像を巡らしては、再度「学習」する。

この絶え間ない反復を常に意識しない限り、人間というのは結果としては、情報に対して鈍感となり、つん簿匙になってしまうのではないかと危惧しています。

現代では情報は氾濫しています。
それをコントロールすることや、全てを認識することは不可能です。
既に人間の能力の枠を越えてしまっています。

だからこそ想像して学ぶという姿勢が重要になってくるのではないかと、愚鈍な僕なんかは思うわけです。

「人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり、一度生を享け、滅せぬもののあるべきか」

これは織田信長がそらんじていた平家物語の「敦盛」の一節です。今の時代、人間八十年ですが、この事を意識して生きていきたいものです。
PR

プロフィール

HN:
運ちゃん
性別:
非公開

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 6 7 9
10 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[10/21 中]
[05/03 NONAME]

忍者カウンター

Copyright ©  -- 想学談林-管理者の部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]