忍者ブログ

想学談林-管理者の部屋

想学談林の管理人が、たまにぼやく言葉の部屋です。 お時間があれば、お付き合い下さい。 想学談林:https://sougakusalon.wixsite.com/sougaku-danrin/home

   

【20161129】乗っ取られる創価学会?

こんにちは( *・ω・)ノ

今月も間もなく終わり、いよいよ師走ですね。
皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

この「師走」とは「坊主(師)が走る」という事で、普段はそんなに走り回らない坊主までが、忙しく走り回ることから云われた言葉だと言います。
いまの時代、坊主は走り回りませんが、創価学会においては「財務集め」で、現代の坊主(職業幹部)は走り回っている頃かと。
いや、信濃町界隈というよりも、それから指導されている末端幹部が走り回ると言った方が正確かもしれませんね。

さて、某学会関係の掲示板で以下の事が書かれていたようですね。

「三井婦人部長の頃、毎夏、先生が山梨、長野、群馬と巡られていた時に「私亡き後、悪い奴らが学会を乗っ取ろうとする。その時はここにいる婦人部、青年部の手で倒しなさい」と繰り返しご指導を。坂口婦人部長はじめ直接聞かれた幹部も多いと思う。今がまさにその時では? まことの時は忘るるなるべし?」

三井婦人部長とか坂口婦人部長という名前、まあ懐かしい限りです。

ここで永遠の指導者、池田名誉会長が「私の亡き後、悪いやつらが学会を乗っ取ろうとする」と御託宣を述べていた事を紹介してますが、創価学会なんてそれ以前に既に乗っ取られていたのではありませんか?

ここで問題なのは、何に乗っ取られていたのかですが、こんなことは昔からある話で、有名処では故・山崎正友元顧問弁護士だとか、まあ様々な人が居ましたよね。

最近では信濃町界隈の最高幹部が、池田会長亡き後を睨んで、様々な事をやっているという話も沢山ありますよね。

以前に非活になりたての頃、こういった話は驚きをもって、煮え湯を飲まされる感じ聞いていた事もあったのですが、最近ではそんな感情を持つことは無くなりました。

「もう勝手にやって。ただ僕の家族にはあまり迷惑かけないでね」

こんな感覚しかありません。

今の創価学会は権益組織としては巨大なものです。単なる宗教団体というだけでなく、大学を持ち、政党をもち、様々な組織を外郭団体として持ってます。

そしてそこで専従職員として働き、家族を養っている人も沢山います。

「創価学会仕様」
僕が以前に取り組んでいた仕事では、こんなものまでありました。これはつまり定常的に大きな仕事の発注があればこそ決められたもので、要は日本の経済構造の中にしっかりと組み込まれているという事でしょう。

思うに今の職場でも、お客様として創価学会の名前が聞こえますが、創価学会により仕事が出来て、それにより給料を得ているという人たちが日本の社会の中に居るという事です。

永遠の指導者、池田名誉会長は言ってます。
「悪いやつらが学会を乗っ取ろうとする」

ここでいう「悪いやつら」とはどんな人を言うのでしょうか?
よく「悪い」という表現を使いますが、そもそも善悪とは相対的なものであって、絶対的なものはありません。

創価学会では「絶対正義」と言いますが、それはあくまでも創価学会のもつ価値観の観点から見た正義であり、それに反するものを極悪と呼んでいるに過ぎないのです。

だからこの「悪いやつら」と言うのは、池田名誉会長から見て「悪い」という事であり、それは絶対的な事ではありません。

だから絶対正義の創価学会の中には、今もこうして権益維持のために様々な動きをする輩がいるのでしょう。

創価学会は戦後の日本の中に発生した組織です。毎度書きますが、戸田会長はこの組織を急速膨張させました。
だから組織整備がままならない状態で巨大化しましたが、そこに戸田会長は政治を持ち込み、専従職員を持たせ、創価学会を日本の経済構造や政治構造の中に組み込みました。

考えてみれば、もうこの時点でアウトであり、創価学会は乗っ取られ始めたと言っても良いでしょう。

そして三代池田会長は、その組織を整備し更に発展させました。
そして今や日本国内だけに止まらず「世界広宣流布」という号令の元で世界に拡散しています。

「創価学会を乗っ取る輩」
そんな事を永遠の指導者は言いますが、根源的な見方をすれば、もうとっくに「資本経済」というモノに組織が乗っ取られているのです。そしてその下僕の様な存在として、創価学会が好きな言葉である「組織を利用する輩」が、姿を表しているのに過ぎません。

でもこの事に気付いている人は居ないでしょう。

つまり根源的な「悪」の核心を知らずに、創価学会では「池田名誉会長の本門の弟子」を自称する人たちは戦っているのです。

そう、表面的に次々に出てくる、彼らにとっての「極悪人」に対して。

「創価学会を乗っ取っているのは資本やそれに関係する経済である」

僕はそう考えています。

そこにはそれを生業にしている人たちもいて、彼らはそこで給料をを得て生きています。これを組織権益と云い、今の信濃町界隈はこの組織権益を守るために活動していると言っても良いのではありませんか?

それを池田会長は「悪いやつら」と言いますが、そもそもそんな組織を作ったのも池田会長ではありませんかね?

これも創価学会のダブル・スタンダードですよね。

もう既に乗っ取られているのです。まずはこの事を認識してほしいものです。
PR

プロフィール

HN:
運ちゃん
性別:
非公開

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
2
4
10 16
17 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

[05/03 NONAME]

忍者カウンター

Copyright ©  -- 想学談林-管理者の部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]