忍者ブログ

想学談林-管理者の部屋

想学談林の管理人が、たまにぼやく言葉の部屋です。 お時間があれば、お付き合い下さい。 想学談林:https://sougakusalon.wixsite.com/sougaku-danrin/home

   

【20170817】先輩達の訃報に接して

こんにちは(  ̄ー ̄)ノ

いやー、歳のせいかもしれませんが、昨日は一日仕事を休んで寝てました。

仕事に行っても暇なんですよ、本当に今の季節。だから何も忙しく無いのですが、それが故に緊張感が緩み、夏の疲れが出たのかもしれませんね。

三十代の頃は馬車馬の様に駆け回れたんですが、やはり五十代は違います。

そんな中、ちょくちょく青年部時代の先輩達の訃報に接する機会が増えている感じがします。まあ七十代に成ろうという人達もいますので、自然の摂理からすれば当たり前かもしれません。

ガンや脳疾患、その他諸々ありますが、訃報を聞いても青年部時代ほど驚きというのがあまりなく、どちらかと言えば寂しさを感じることが多いですね。

「この御本尊に祈って叶わない事は無い!」

男子部に成り立ての頃、この様に云われ、確かに祈祷師の様にお題目を上げ、不思議な事で祈りが叶った体験も多くありますが、その一方で本当に苦しくて何時間も祈ったに関わらず、全然叶わない事も多くありました。

またある時期は事業を立ち上げることに苦闘して、今から考えると毎日塗炭の苦悩にのたうち回っていた時、お題目を唱えるという事だけで踏ん張れた体験もあります。

そんなこんなで最近感じることですが、祈りとして叶うものは叶うし、叶わない事は叶わない。そんな事なのでは無いでしょうか。

最近僕は相談を受けることが度々あります。これは創価学会の関係有無に関わらずですが、そこで僕が必ず言うことは「人生は成るようにしか成らないかもしれない。たたその人生に対して、決してネガティブにならず、自分の人生を信じて最善を日々尽くすしかないよね」という事です。

僕の予定ではあと人生は四半世紀程度はあると考えています。ここまでの体験で思うのは、何かしらの筋書きでは無いですが、いわば「川の流れ」の楊な筋道があって、人生を投げ出さなければ、何れはどこかの河口から海に出ていくようなものなのでは無いかと言うことです。

だから祈祷師の様にお題目を唱えまくろうと、その筋道にあっていれば「叶う」であろうし、筋道に違えば「叶わない」という事になるのではないかと。

「運ちゃんも功徳が欲しいでしょ?」

この様な言葉もありますが、人の一人の人生において、本当に求める幸せの量や形なんていうのは、一人ひとりが違うもので、そこのさじ加減については、本人しか解らないと思うんですよね。だから他者がどうこう言うものでも無いし、言わせる事でも無いでしょう。

しかしそこがぶれてしまうと人生に大番狂わせが起きたりする事があるかもしれませんし、もしかしたらぶれる事も含めて実は人生の筋道かもしれません。

ここばかりは解らないですよね。

少し話は変わりますが、人に前世なるものがあれば、何故に記憶がないのか、また人生を選択して生まれてきたのであれば、何故にその事を覚えてないのか。こんな話を聞いたことがあります。

前世だ願兼於業だというのは、個人の確信の部分にしか過ぎませんが、逆に筋書きが見えない方が経験の醍醐味があるという事かもしれませんね。

人の人生は様々なものがあると思います。その人生が満足行くものか不満なものか、それは本人にしか解りません。

ただし自分の人生は自分の大事な経験ですからね、大事にしたいものです。
PR

プロフィール

HN:
運ちゃん
性別:
非公開

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 7
8 9 13 14
15 17 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[10/21 中]
[05/03 NONAME]

忍者カウンター

Copyright ©  -- 想学談林-管理者の部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]