忍者ブログ

想学談林-管理者の部屋

想学談林の管理人が、たまにぼやく言葉の部屋です。 お時間があれば、お付き合い下さい。 想学談林:https://sougakusalon.wixsite.com/sougaku-danrin/home

   

【20170829】対話が出来ない対話の組織の人達

こんにちは(  ̄ー ̄)ノ

もう朝から北朝鮮のミサイルについての話題ばかりで、かなり食傷気味です。
日本は「独立国」という体裁を取ってますが、簡単に言えばアメリカの「準軍政」の下に未だ隷属しているような国となってます。

もともとは自国の軍を持ち、独立国として行動してましたが、要はあまりに脇が甘く、しかも清国やロシアとの戦争で勝ちすぎてしまい、驕り昂った事もあって、結果としてアメリカに負け、武装解除されてしまいました。

しかし当時の国際情勢は米ソ間の冷戦が始まりかけていることもあり、武装解除された状態ではいかんともし難く、かといって新憲法では武力の放棄も詠われていた事から、アメリカ軍の傘の下で生きることを選択したのでしょう。

それがまだ継続していて、アメリカとの間には「日米合同委員会」が未だにあり、日本の首都中心には米軍のヘリポートと米軍専用のホテルがあり、定期的にアメリカ太平洋軍の指導部と日本の各省庁の局長クラスが会合を持っています。

あと「横田空域」といって、日本の首都の空はアメリカ空軍が管制しています。先進国の中で、自国の首都上空を他国の空軍が管制しているなんて、日本だけではないでしょうか。

また安倍総理が北方四島返還交渉をまともに出来なかったのもこの影響で、ロシアのプーチン大統領は「北方四島返還したら、そこにアメリカが基地を作るだろ?」という事に、独立国であるはずの日本の宰相として「NO!」が言えなかったからであり、辺野古の騒動も根っこに、この日本の仕組みが影響しているのではないか。

僕はそう見ています。
まあ異論反論はあるでしょうけどね。

さて本題。相変わらず創価学会の話題では、言葉が足らずで、いらぬ軋轢が起きてますよね。

僕もこのブログ、コメント不可にしてる理由はそこにあり、以前にコメントフルオープンしていた時には、少しでも気を抜くと大炎上して収集がつかなくなる時が多々あったからなんですね。

ネットという媒体であっても、対話は大事なはずなんですが、どうも創価学会の罵詈活やその傾向を持った人、また法華講でも創価学会崩れの様な人達は、言葉の使い方が粗雑であり、些末な言葉の綾から炎上させてしまうんですね。

これはどうなんでしょう。

対話は相手の話を聞いて自分の中で理解し、その理解した内容を相手に的確に伝達するという行動から成り立つのですが、創価学会では基本的にその訓練は行っておらず、「自分の中で理解する」ではなく「自分の中で、良い悪いの二元論で判断」して、しかも貧困なボキャブラリーや、単語を間違えて利用することから、結果として感情論として火を着けてしまいますよね。

要は対話が出来ないのです。

例えば「北朝鮮のミサイル発射」という事について、始めに書かせてもらいましたが、これは僕が様々なソースから得た情報をもとにした僕の意見です。
そしてこの意見を文字にして書いたのが先の文書なのですが、こういう能力を付け、感情に任せず対話すれば、それほど揉めないと思います。しかしこういう事を出来る人は創価学会の中では少なくないですか?

持ち合わせる情報も少く、しかも「正義」「極悪」という、どちらかと言えば感情に響く感覚を体に染み込ませてしまっているので、対話の中で「クソ」「アホ」「バカ」等という言葉を直ぐに投げ掛け相手にラベルを貼ることに終止し、対話で「勝つ」か「負ける」という形に拘るんですよ。

「対話の組織」というわりに、あまりにお粗末な姿としか言えません。

もう少し対話が出来る人が増えれば、創価学会も変わる可能性もあると思いますが、何せ御大のご指導からは、そういう事が空理空論として語られるだけで、その御大が醸成した組織文化がそれを受け入れられないから、多分この先も無理でしょうね。

残念な限りです。
PR

プロフィール

HN:
運ちゃん
性別:
非公開

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 6 7 9
10 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[10/21 中]
[05/03 NONAME]

忍者カウンター

Copyright ©  -- 想学談林-管理者の部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]