忍者ブログ

想学談林-管理者の部屋

想学談林の管理人が、たまにぼやく言葉の部屋です。 お時間があれば、お付き合い下さい。 想学談林:https://sougakusalon.wixsite.com/sougaku-danrin/home

   

【20170909】人を救うという事

こんにちは(  ̄ー ̄)ノ

最近ふと思うことがあります。
僕が青年部の時、御本尊授与した人達はどうしているのか、という事です。

考えてみたら、悲しいかな組織には一人残っているだけで、後は組織には着いてません。病気で入退院を繰り返している人もいますし、家族の中で一人入会した人は、僕の地元から引っ越した後、引っ越し先の婦人部が、その家族の未入会の奥さんの対応が悪い事から「こんな人は面倒見切れない、選挙戦では邪魔」とばかりに統監を僕の地元組織に戻してきました。そして僕も遠隔地なので対応できず、恐らく宙ぶらりんの状態でしょう。

また組織の中でも、男子部で当初、共に頑張っていたメンバーも身体障害者になってたり、あとは活動を止めて組織から離れてしまったメンバーも多くいますし、いまだに五十代過ぎてもニートのままのメンバーも居たりします。

思うに昔、御本尊授与で友人に対して躊躇したとき、先輩が言っていた「お前は人を救う気が無いのか!無慈悲な奴だ!」という叱咤は、何の意味があったんでしょうね。

やもすると創価学会の中で「彼を救ってやりたい」とか「知人に御本尊を持たせて救いたい」と言いますが、人を救うなんてのはそう簡単に出来るものでは無いんですよね。

組織から離れたのは十年以上前ですが、学会活動は止めても僕は知人で悩みを持っている人がいた場合には様々な事をしてきました。それこそ仕事をクビになってしまったメンバーに仕事を紹介したり、個人的な悩みを持っている人が居たら深夜でも知人に会いに行ったりして相談に乗ったりもしました。しかし、それによって事態が一時好転したとしても、また深みにはまり込んだりと、なかなか人生の辛苦というのは一朝一夕に解決はしない事ばかりでした。

そのたびに自身の無力さを実感したものです。

しかし今になって振り返ってみると、そうやって関わりを持った人の多くは、何とか自分自身で道を見つけて生きていくものなんですね。その中ではいまでは地方で会社を立ち上げた人もいて、上京のおりには連絡をもらい交流を続けている人も居たりします。

ここから理解したのは、人の悩みとはおそらく本人が正面から向かい合う事が出来れば、乗り越えられないものはないんだなという事であって、知人として出来る事は、その悩み苦しむ過程で寄り添う事くらいなのかもしれません。

「御本尊を持たせて友人を救ってやらなくてどうするんだ!」

この言葉というのは、そこから考えれば傲慢であり浅はかな事なのかもしれません。
友人に日蓮の文字曼荼羅を与えたとしても、その友人にどれだけ寄り添う事が出来るのか。悩み苦しむ人に出来るという事は、そこだけでしかないのですが、創価学会では文字曼荼羅を授与して入会させたら、ほぼそれで事は終わってしまっていますよね。

「人を救う」というのは言葉でいうほど簡単なものではなく、それなりに覚悟が必要な事。
だからそう簡単に言うべき言葉ではないのですが、創価学会で折伏という新規会員獲得の活動では、この言葉を乱発していますよね。

だったらとことん友人知人に付き合うべきであり、組織としてもそういう事を理解しなければいけません。

そんな事をふと考えてしまいました。

PR

プロフィール

HN:
運ちゃん
性別:
非公開

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
3 4
5 11
12 15 16 17 18
19 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[10/21 中]
[05/03 NONAME]

忍者カウンター

Copyright ©  -- 想学談林-管理者の部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]