忍者ブログ

想学談林-管理者の部屋

想学談林の管理人が、たまにぼやく言葉の部屋です。 お時間があれば、お付き合い下さい。 想学談林:https://sougakusalon.wixsite.com/sougaku-danrin/home

   

【20170919】創価学会にとっての教学

こんにちは( *・ω・)ノ

ここ二~三日で日本の政治状況は動いてきました。それこそ末端組織の人達の本来の役目である集票活動がまた始まります。

ついこの間、東京都議会選挙が終わったばかりなのに、今度は衆議院解散と選挙なんて、よくやるもんですよ本当に。

今朝の報道ではロシアから帰った山口代表を安倍総理は私邸に呼んで協議したとありますが、もう今月の17日に自民党は創価学会の了承を取り付けたと云うんですから、山口代表には事後通達というものですね。

まあ信濃町界隈のピロシは確か、山口代表が青年部の末端組織の幹部の頃から、信濃町界隈の中央幹部だったんで、反論するなんて事は無いでしょう。もしかしたら昨今の山口代表の冴えない表情は、そのストレスに依るものだったりして。

まあ所詮、「党代表」と言った処で創価学会の政治部門の責任者に過ぎませんから、何ら実際の決裁権なんてあるわけないですからね。

そんな中、創価学会の行事の一つであった教学試験も選挙で飛びそうな話を聞きました。

僕の嫁も組織の中を走り回って啓蒙していたのですが、それが全ては「紙くず」として消え去るのでしょうか。

残念な事ですね。

今の創価学会にとって、教学なんてのはさして重要ではないのが、この一時をとっても理解できるというもの。
まあ2014年の会則改正から一連の教義改正について、未だに末端組織では徹底されてませんし、教学試験の教材についても良くできたもので、改正した論点はギラギラさせずにスルーできる内容でした。

未だに末端組織では大石寺の大本尊を恋慕し、それの図顕が出世の本懐。日蓮は末法の御本仏と信じている人が多数います。まあ多くは高齢者ですけどね。

一方で今の青年部は、教えの論理性や日蓮の説いた内容なんて、刺身のツマ程度で御書すらまともに読めませんから、池田先生さえ居ればどーにでもなるんでしょう。

だから池田会長の事は、表に出さないし出せないのだと思ってますよ、僕は。

日蓮は「大難出来すとも智者に我義やぶられずば用いじとなり」と開目抄で述べてましたが、いまの創価学会、こと信濃町界隈にこの心意気はあるのでしょうか?

それとも、既に資金は唸るほどあり、自分達が生きている間は食いっぱぐれは無いことから、適当にやっているのかもしれませんね。

青年を育成するとか、教学を大事にするなんて、口先だけで言ってますが、いまの創価学会にはそんな事は関係ないのでしょう。
既に「お元気な池田先生」という事さえ言っていれば、末端組織の人達は「お元気な池田先生の元で云々」と、信濃町界隈のおかしさなんて忘れて集票活動もしますし、財務と言ってお金も貢ぎますからね。

こんなんが「宗教界の王者」「庶民の王者」と言うんだから、何とも嘆かわしい限りです。
PR

プロフィール

HN:
運ちゃん
性別:
非公開

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
3 4
5 11
12 15 16 17 18
19 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[10/21 中]
[05/03 NONAME]

忍者カウンター

Copyright ©  -- 想学談林-管理者の部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]