忍者ブログ

想学談林-管理者の部屋

想学談林の管理人が、たまにぼやく言葉の部屋です。 お時間があれば、お付き合い下さい。 想学談林:https://sougakusalon.wixsite.com/sougaku-danrin/home

   

【20170920】大義なき衆議院解散で見えること

こんにちは( *・ω・)ノ

九月に入り、仕事関係が結構しんどいことになってまして、それを乗り越えようと日々奮闘しています。

社員には使えない人達が多く、それこそ三分の一は日がな一日ネットサーフィンし、三分の二は、それらの人を脇目にしながら多くの案件を捌き、僕のようなパートナーがそれを補助するという感じで、ここで補助と言っても実際には主担当として取り組んでいます。

今の職場を見ると、会社とは社会福祉団体の様な側面もあるんだなと感じます。要は仕事が出来ない人にも居場所を与え、年齢に応じた給料を支払うんですから。

僕の様な個人事業主の様な感覚で生きてきた人間には、理解できない事なんですが、今居る大企業には未だにその様な風潮を感じます。

さて、そんな職場にもご多分にもれず男子部員が居るわけで、昨日も今回の衆議院選挙について話をする機会がありましたが、正直、この男子部員は怒ってました。

「俺たちゃ選挙の手駒ではないっすよ、うちの支部長も怒ってました」

何でもその支部長は元広宣部らしく、いまの創価学会の教義改正や一連の動きは知っていて、もう堪忍袋の緒が切れたと言ってるとか。

「でも選挙は頑張るんだろ?」

そう話を向けると「なーにイッテんすか、それを口実に友人と遊ぶだけですよ。数字なんて適当にあげときゃ、あとは静かなんですから」と笑ってました。

今回の選挙に「大義」はあるか?
この大義について、政治家の大義と庶民の大義は異なります、また政治家でも様々でしょう。

日本は議会制民主主義と言ってるんですから、その今の政治家の大義が違うと思うのであれば、落選させれば良いのですが、それが中々出来なかったりします。

その理由は「権益」という言葉で、僕はこのブログでも書いてますが、多くは選挙民と政治家の利害関係です。

創価学会もご多聞に漏れず、この権益を政治活動により守る側の立場にいます。しかし会員たちはその信濃町界隈の持つ権益を理解せず、広宣流布という理想の為に創価学会や公明党は取り組んでいると夢想しているのです。

この二つの考え方の大きな隔たりの狭間に立っているのが今の原田会長を筆頭にした信濃町界隈なんですね。

政治や経済と言った「権益側」には、創価学会としてそれを維持すると伝え、一方の創価学会会員に対しては、そんな権益のドロドロしたことはおくびにも見せず、池田先生を中心とした麗しい広宣流布の為に政治活動が必要だと諭し、ハッパを掛けるわけです。

こりゃ精神的にマトモな人間には出来ない芸当ですよ。

恐らく原田会長にしても今の信濃町界隈にしても、創価学会に入り、そこで活動を始めたばかりの頃は、そんな姿や精神構造ではなかったはずですが、まあ簡単に云えば戸田会長や三代の御大の作り上げた信濃町界隈の中で、今の様な精神構造になったのでしょう。

よくネットの中や、創価学会の在野の中でも原田会長を中心とした信濃町界隈はケシカランという論調と、そんな彼らに利用されている池田会長を偲ぶ言葉が多くありますが、そこに欠落しているのは、そういう信濃町界隈の人達を醸成してきたのは池田会長自身でもあるという視点です。

僕は以前に池田会長の近くにいた人と話をしましたが、その人が云う池田会長とは「中身が空っぽ、周囲につく側近次第でコロコロ変わる人」だそうです。

僕が非活になってから十年以上経過しましたが、距離を置いて創価学会を見ていると、その実態は池田会長の姿そのままだと感じます。

要は周囲の社会的な状況で、コロコロと主張が変わり続けてますよね。

僕は池田会長と親しく会話したことなんてありませんが、この創価学会という組織を見る事で、その人物なりを理解しました。

「私が創価学会を作ってきたんです!」

ありし日の御大は、本部幹部会同時中継の席上で何度も繰り返してきましたが、これは本当だったんですね。

まあ三代の御大がコロコロと変わるのは勝手ですが、それに振り回される方は大変でしょう。そんな御大だからこそ、付き従うには思考を停止せざるを得ません。

今の創価学会の思考停止は、そういった事情から拡大したのかと僕は思ってますよ。

そして思考停止しない人達の中に、信濃町界隈の職員、議員や外郭団体の職員が居るのではありませんか?

今回の選挙に関しては、自民党から創価学会に対して事前に打診があり、信濃町界隈はそれを了承、直ぐに方面長会議を開きました。そして公明党代表の山口氏に対し、安倍総理は伝達したんですよね。

つまり創価学会との間で話はついたから、解散するよと伝えた訳です。

これ、外向きにしたら山口代表は良い面の皮という事が判ってしまうことですよね。

確かに公明党代表の立場は、組織こそ別れてますが、実態としては創価学会の政治部門の責任者に過ぎません。でももう少し対外的に配慮してやれば良いのにとも思いましたが、創価学会の政治担当であるピロシ氏にはそんな感覚は無いのでしょうね。

今ごろピロシ氏は「俺こそ日本の政治の中枢に居るんだ」と得意満面になっているのかもしれません。

まあ、とにもかくにも衆議院の解散風は強まる一方です。

創価学会の末端組織の人達も、少しは知恵ある行動をとってみてはいかがでしょうか?
PR

プロフィール

HN:
運ちゃん
性別:
非公開

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 7
8 9 13 14
15 17 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[10/21 中]
[05/03 NONAME]

忍者カウンター

Copyright ©  -- 想学談林-管理者の部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]