忍者ブログ

想学談林-管理者の部屋

想学談林の管理人が、たまにぼやく言葉の部屋です。 お時間があれば、お付き合い下さい。 想学談林:https://sougakusalon.wixsite.com/sougaku-danrin/home

   

【20170922】君は誰の弟子なんだ?

こんにちは( *・ω・)ノ

はー、今週も終わりで今月もあと一週間となりました。そうなると今年もあと三ヶ月ですが、みなさんにとって本年は有意義な一年だったでしょうか?

まだまだと思う人がいたなら、あと残り三ヶ月、めい一杯取り組んで欲しいですし、もうOKという人がいたなら、来年への準備に取りかかってみては如何でしょうか。

さて今日のお題。
これは未だ若かりし頃、とある先輩から投げ掛けられた言葉です。

「運ちゃん、君は一体誰の弟子なのか?」

僕は速答出来ませんでしたが、答えました。

「池田先生の弟子かと思ってます。」

この言葉に、当時の先輩は追求しませんでした。何故ならば師匠とは弟子が決める事であり、けして誰かに押し付けられるものではない。そういう関係だからだと聞きました。

当時の僕は池田大作という人物の事はなにも知りませんでした。というか情報が余りにも少ない状況のなか、ほぼ手探りで人物像を求めました。
青春抄、仏法西と東、敦煌を語る、若き日の日記、嗚呼人間山脈、小説・人間革命、仏法と宇宙を語る、法華経の智慧、その他様々なスピーチや書籍も読みました。
そしてその中にある言葉や箴言に心打たれた事も数知れず、勇気付けられた事も沢山ありました。

これらの中で、僕が生涯持とうと思った言葉は「二十一世紀の哲人たれ」という言葉で、これは未だに持ってます。

男子部から壮年部に移行する際、様々な事もありましたが、その時に求めたのも「池田大作」の実像でした。大きな疑問を持ち、その創価学会の原点でもある池田大作とは、本当にどんな人物なのか、本当の処を知りたい。

そう考えて様々な人に合い、様々な逸話を聞きましたが、その時に初めて人間としての池田大作の一端に触れた気がしました。

人間だから表も裏もある。
男子部の時、組織の中で触れられるのは、表の面ばかりで、裏の事は全てが「デマ」という事を教えられ、心の中で「本当かよ」と疑問を持ちながらも、そういった表の姿の池田大作を信じようとしてました。

しかし活動から離れ、様々な人に実像の一端を聞いたとき、それは驚きの連続でしたが、漸く人間としての池田大作に触れた気がしたのです。

今の僕に取って、池田大作という人物は師匠の一人です。人生には様々な局面があり、それぞれに教わる人が沢山居ました。多くは身近にいて、教わる人達でしたが、池田大作だけは身近ではなく、書籍の先に存在する人物です。

でも僕の人生に、大きな影響を与えたことから師匠の一人だと考えています。

「池田先生は本当に素晴らしい人だと思うんですよ」
「池田先生は裏切れないよな」
「池田先生が大好きなんだ」

僕の地元でも、創価学会の活動家幹部の多くが、その様に言いますが、僕はそう言った言葉にはリアリティを感じません。

「お元気な池田先生がいる内に、思い出に残る戦いを!」

こんな言葉を臆面もなく語る人がいます。
本当にお元気なんか?お前はどれだけの事を知っているんだ?

僕はこの言葉を聞くと、毎回イライラしてそう感じてしまうのです。

創価学会が推し進めている「師弟観」、これは狂ってるとしか言いようがありません。

弟子が師匠を決めるのであって、組織が師匠を決めるものではない。

師匠とて人間であり無繆という事ではない。

思うに池田大作という人物には、表もあれば裏もある。長所もあれば短所もある。
けして聖人君主なんかではありません。

僕は個人的に池田大作という人物を知りませんが、日中国交回復や当時の中ソ緊張緩和への貢献等々、人間としての実績は大したものだと思います。

しかし晩年になり、多くの顕彰に飾られて、しかも信濃町界隈が意識的に祭り上げられていく姿には残念な気持ちがあります。

恐らく今のままで行けば、池田大作という人間像は歴史には残らないと思うのです。
もし残るとすれば、昭和から平成にかけて急成長したカルト教団のぺてん師としての姿ではないかと。

人間、表もあれば裏もある。
その全てを評価できる様でなければ、歴史には名を残すことも出来ないでしょう。

池田大作氏を唯一の師匠と呼ぶのであれば、その考えを弟子と自称する人は持たなければならない。そういう時期に来ているのではありませんか?

創価学会が求める「本門の(池田先生の)弟子」と言うのであれば、そういう事も考えて欲しいものですね。
PR

プロフィール

HN:
運ちゃん
性別:
非公開

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 7
8 9 13 14
15 17 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[10/21 中]
[05/03 NONAME]

忍者カウンター

Copyright ©  -- 想学談林-管理者の部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]