忍者ブログ

想学談林-管理者の部屋

想学談林の管理人が、たまにぼやく言葉の部屋です。 お時間があれば、お付き合い下さい。 想学談林:https://sougakusalon.wixsite.com/sougaku-danrin/home

   

【20170929】選挙を通して思う事

こんにちは(´・ω・`)

今週で9月も終わります。
来月は少し落ち着くかなと思っていたら、どうやらお客様先にトラブル対応で地方巡業の月間になりそうな予感です。
「働き方改革」
この言葉、安倍政権が言い出して、何か大企業の中でも残業を規制して「自己研鑽の時間を作ろう」とか「家族との時間を取る様にしよう」という風潮もあるやに聞いています。
でもですね、、、僕の今いる職場では、居眠りする社員や何もしない社員などもいたりして、結果、パートナーの仕事量は増えているんですよ。この仕事場に「働き方改革」なんてもしやられて、「残業するな」とか言われてもねー・・・その前に社員にしっかりコスト意識を受け付けた方がいいんじゃね?と思ってしまいます。

さて衆議院選挙です。
僕は僕なりに今の政治の事を様々考えています。
これは創価学会の活動家時代ではやっていなかった事ですが(とか言いながら最後の方では公明党に投票してなかったんですが・・・)、本当に種々考えています。

一方、僕の嫁さんはというと、日々「内票会議」や「地区活動者会」なんてのに走り回り、夜は遅くまで書類とにらめっこしています。

本当に地区婦人部長というのは、コキ使われる存在なんですね。

そんな嫁に、夜家に帰りニュースなんかを見ながら、僕なりの政治の所感を語り、公明党や今の創価学会への指摘なんてのもしたりします。

うちの嫁はあまり反論する性格では無いのですが、たまに意見の相違や、やはり学会への考え方の違いから、言い合いとまでは行きませんが、議論になる事もあったりします。

その場合、引くのは僕の方なんですね。
僕自身はというと、このブログでも書いている様に、過去には創価班の広宣部でした。
それこそ妙観講・法華講や顕正会などとも渡り歩いてましたので、それなりに理論的に詰めて話す事は可能です。またそれが故に僕の処には最近では後輩の地元幹部なんかも話をしに来なくなっています。

まあ幹部には結構辛辣に詰め寄ったりしていますから、最後には嫌われてしまうんですね。

僕自身、これは決めている事なんですが、基本的には僕よりも上位役職者に対してしか、そのような理論で「ぶった切る」事や「詰めまくる」という事はしません。特に高齢者で生涯に渡り創価学会と生きていて、未だ創価学会を信じてまもなく霊山浄土へ行きそうな人に対しては、人生を全て否定する事にもつながりますので、僕としてそれを否定する事までは出来ないんですね。

これは身内や家族に対しても同様で、最後まで理屈で詰め寄る事はしません。

そもそもですが、僕自身が創価学会を完全否定せざるを得なくなった時には、精神的にかなり追い込まれた時期もあり、個人的にそういった時期はとても辛い時期でした。

それを考えると、身内や家族に対して、本人が覚悟も出来ていない時期に理論的に追い込んでも、結果としては家庭内や親戚の間がぎくしゃくしてしまいますし、無用に相手の人生を混乱させてしまう事にもなり、それは避けたいという想いもあるんですね。

まあ甘いんですけどね。
確かに理屈で正しく理が通って入れば、人間とは反論できなくなりますが、それが即ち相手の理解になるとは限りませんし、場合によっては無用に心の傷を深めてしまいます。

今の僕はこの創価学会を自分の中で否定する事で起きる精神的な混乱を、何とか乗り越える事が出来ましたが、それでも偶にフラッシュバックの様に自己嫌悪に陥る時があります。それは自分自身も創価学会の中で、それなりの役職を以って人の人生に影響を与えてしまっていたという事への自責の念があるからです。

思うに創価学会に限らず宗教や思想にハマってしまった場合、それを気付く事も大変ですが、気付いた後に、それが自分に跳ね返り、心に深い傷を負う場合が得てしてあり、それを自分自身の人生の一部として消化するにも、それなりに時価を要します。

しかしある程度自覚ある人であれば、時間をかけて乗り越える事で、その生きてきた時間のメリットやデメリットも自分の中でしっかりと自覚して位置づけできる時が来ると考えているのです。

そういった事から、僕は嫁が活動をしている事についても、詰め寄る事はしていません。

まあ時間のある時に、少しづつ語る事、また僕の日常の行動の中ですこしづつ示す事が大事だと思いますので、そういう事に取り組んでいます。

人は理論的に判る事と、心の底で理解する事は違いますから。

この衆議院選挙は、僕自身にとっても精神的に来るのですが、そこは「聖」の精神で。

「聖」という字は「耳」と「口」の「王」と書きます。
良く耳を凝らして相手の心の中の声を「耳」で聴きながら、適切な言葉を「口」で伝える。そういう事を「王」の心がけで行きたいと思っています。

PR

プロフィール

HN:
運ちゃん
性別:
非公開

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 7
8 9 13 14
15 17 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[10/21 中]
[05/03 NONAME]

忍者カウンター

Copyright ©  -- 想学談林-管理者の部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]