忍者ブログ

想学談林-管理者の部屋

想学談林の管理人が、たまにぼやく言葉の部屋です。 お時間があれば、お付き合い下さい。 想学談林:https://sougakusalon.wixsite.com/sougaku-danrin/home

   

【20171006】未来部時代の思い出

こんにちは( *・ω・)ノ

選挙真っ只中で、うちの嫁は毎晩遅くまで報告書とにらめっこしてます。そんなに根詰めなくても良いのにと、何時も言葉をかけますが、根が真面目なんで毎晩やってます。

信濃町界隈も罪ですが、末端組織の支部や地区では、こんな真面目にやる人が多く、だから信濃町界隈は好き勝手に出来るんでしょうね。

さて、こんな組織で選挙ばかりやってるんで、未来部はと言うと放置プレイです。僕の子供の処にも10月に未来部の会合の連絡がありました。聞くところでは高等部や中等部の数少ない子供たちが企画会にも参加してたようですが、全てが選挙でぶっ飛びました。

さてさて、一生懸命企画していた子供たちの心のなかに、この行動は何を残すんでしょうか。

僕が未来部の時、確かに選挙はありましたが、今ほど頻繁に選挙選挙してなかった様に思います。まあ当時、子供でしたから、その視点で見た感想なんですけどね。

僕が未来部の頃には地元の男子部の部長が訪問に来たり、当時は大B長と呼んでましたが地区リーダーの人なんかも来てました。
さすがに会合の誘いは辟易してましたが、当時、中学生だった僕は男子部の「兄貴」が来て、仕事の話とか聞くと、それはそれで面白かった事を記憶しています。

また会合に連れ出された時には、後に国会議員になった男子部幹部が来ていて、まあ話の内容も幅広く、子供の僕も興味津々でその人の話に聞き入った記憶もありました。

また高等部では夏期講習会なんて言って、当時は大石寺に一泊で行ったりして。行きも帰りも貸しきり電車の中は男女高校生で一杯でしたから、結構面白かったりして。

そうそう、この夏期講習会の最中には大石寺に本山担当の創価班がいて「君らもあと数年したら創価班だな!本山担当になれよ!」なんて声かけられた事もありました。

また部大会なんかやったあと、地元の男子部本部長が自宅の庭先で、高等部員数名を呼んで、夜にバーベキューなんてやってくれて、少しビールをご馳走にもなりました。

支部総会の未来部アトラクションも支部内の男女中等部・高等部でやりましたが、当時の支部は今の倍ほどの規模もあり、未来部だけでも裕に二十名以上集まりましたので、たまに拠点近くの公園で、当時の男子部や女子部の部長や大B長なんかも交えてガヤガヤやってた記憶もあります。

要は何だか色んな人がいて、賑やかにやっていた記憶があります。

しかし今ではどうなのか。
未来部の人数も激減し、青年部が絡むことはほぼありません。

本部で小学生から高校生まで集めて、男女で十名いくかいかないかの規模です。

青年部自体が少ないので、青年部から未来部の担当なんて出せないのでしょう。また居ても大体の青年部の幹部も、なにか型にはまった人しかおらず、実際には壮年部や婦人部が担当者をやってますが、これが未来部から見たらお爺ちゃん、お婆ちゃんの世代です。

どうでしょう、これで子供たちが来ても楽しいことなんて出来ますか?

楽しいことも無いのに、それでも手伝う未来部に対して「選挙の為なら我慢せよ」とばかりに、彼らの企画した会合すら平気で飛ばす。

面白くないでしょうね。

あとは家庭の中でも「広布後継」なんてのも、ほぼありません。
先日我が家にきた未来部担当者の人に聞きましたが、子供がいても会合には積極的に参加させる家庭も減少しているとか。

当たり前ですよね、恐らく今の創価学会に、親の世代でも何ら魅力を感じていないという事です。

「世界広布はいやまして勢いを増し云々」
「これからの世界広布新時代を見越して云々」

まあ信濃町界隈は聖教新聞を通して、それこそ太平洋戦争末期の大本営発表よろしく、一生懸命喧伝してますが、その組織の足元はこんなんですよ。

見ている僕なんか、本当にバカらしく思うんですけどね~。
PR

プロフィール

HN:
運ちゃん
性別:
非公開

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 7
8 9 13 14
15 17 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[10/21 中]
[05/03 NONAME]

忍者カウンター

Copyright ©  -- 想学談林-管理者の部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]