忍者ブログ

想学談林-管理者の部屋

想学談林の管理人が、たまにぼやく言葉の部屋です。 お時間があれば、お付き合い下さい。 想学談林:https://sougakusalon.wixsite.com/sougaku-danrin/home

   

【20171102】御本尊の価値

こんにちは(  ̄ー ̄)ノ

いやー、出張で日本海側行ってまして、向こうは曇ってましたが新幹線で谷川岳抜けたら結構良い天気なんですね。
客先調査で一泊したのですが、これから事務所に戻り仕事です。

さて、創価学会で会員には文字曼荼羅を授与してます。これを「御本尊」と呼んでます。創価学会では未だに大石寺の歴代貫首が書写した曼荼羅を謹製(コピー)していますが、いま多くは日寛師のものになってますよね。

昨今、創価学会では「日寛教学を見直す」と言ってますが、日寛師のいう根源の本尊である弘安二年の大本尊を受持の対象から外してしまったので、これからどうするのでしょうか?

まあ一説には他の日蓮直筆の文字曼荼羅を物色しているという噂もありますが、そうしたらあれですか、日寛師にも何か難癖つけて、いま主流の日寛師の文字曼荼羅も強引に交換するんですかね?

僕が男子部なりたてのころ、この御本尊に関して冗談話がありましたね。「恐怖の味噌汁」とか「七人の僧侶」という話です。これご存じな人は今の時代にどれだけいるのでしょうか。

僕の家は日寛師の文字曼荼羅ですが、僕の親のは同じ日寛師でも昔の細長いものです。また周囲には極めて少数ですが、日達師や日顕師の文字曼荼羅もあるようです。

今から二十年ほど前ですかね、創価学会では一挙に日寛師の文字曼荼羅に交換を進めた時期がありましたが、当時の僕はあの進め方には大きな疑問があったので、積極的に組織内では進めなかった記憶があります。

「何故、運ちゃんの処では進まないんだ?日顕の文字曼荼羅なんて気持ち悪いだろう。」

そんな「指導」も幾度かありましたが、僕は無視してました。だって「奉書之」には確かに日顕はありましたが、信仰者として持っている人が大事にしているのなら、それを無理に変える必要なんてないと思ってました。

また当時、僕の親の処にも日寛師本尊の取り替え話が来たことがあったそうですが、母親は御本尊を抱き締めて生きてきた人なので、交換には応じませんでした。

当たり前ですよね。

思うに御本尊の価値とは、その御本尊を持っている人によって異なるのかと思いますよ。
それこそ「お飾り曼荼羅」程度であれば、組織の言葉で交換をポンポンするだろうし、やはりその文字曼荼羅を抱き締めるように必死に題目を唱えて来た人には、そう易々と交換なんてできる訳がありません。

いまの創価学会が長年、基本にして来た弘安二年大本尊を「受持の対象としない」なんてサラリと会則改正で流せたのは、恐らく信濃町界隈にとっては道具としか考えていない証拠だと思いますよ。

因みに僕は、親元に同居し、結婚するときには日寛師の文字曼荼羅になってたから、いまでは日寛師曼荼羅を受持しています。

本来、御本尊というものの価値は、信仰して文字曼荼羅をたもっている個々の人により異なるものであって、それをとやかく言うものでも無いと思うんですけどね。

ちょっと考えた事を今回は記事にしてみました。
PR

プロフィール

HN:
運ちゃん
性別:
非公開

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
3 4
5 11
12 15 16 17 18
19 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[10/21 中]
[05/03 NONAME]

忍者カウンター

Copyright ©  -- 想学談林-管理者の部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]