忍者ブログ

想学談林-管理者の部屋

想学談林の管理人が、たまにぼやく言葉の部屋です。 お時間があれば、お付き合い下さい。 想学談林:https://sougakusalon.wixsite.com/sougaku-danrin/home

   

【20170120】勤行の事について

こんにちは(´・ω・`)

最近続いた深夜勤の影響もあってか、昨日は一日仕事を休んでしまいました。
疲れが抜けないのは嫌ですねー。

さて、前回の記事では文字曼荼羅、創価学会や宗門で言う「御本尊」という事について少し角度をつけて書かせてもらいました。

御本尊とは末法において法華経を弘通する為の「旗頭」である事。またこの御本尊の意義とは人間が人生を生きていく中で様々な人と交わり、様々な事を体験しますが、それらはお題目を中心として生き抜く中で、良い事も悪い事もすべてが「かけがいの無い事」として理解できるようになる。

それが「妙法五字の光明にてらされて本有の尊形となる」という事だと。

その事についてツイッターでちょっとした御質問を頂きました。

「胸中よりも、ちゃんと座った方がいいのかしら。
文字曼荼羅がなくても、やりたい人は必ず、何かしらの団体に所属しないといけないのかな。。。」

この質問を拝見し、様々思いを巡らしましたが、その内容はツイッターという140文字の世界では少し書ききれないかと思い、ブログの記事にしてみます。

ここで「ちゃんと座った方が良いのかしら」とあるのは、勤行・唱題という形式の事だと思います。

創価学会では近年、この勤行をかなり簡略化し、御祈念文についても変更をしました。

別に簡略化したのが「良い」とか「悪い」という事は、僕はないと考えています。ただ御祈念文に至っては、「祈りの主題」を固定化させる事でもあるので、もう少し大事にすべきではないかと思いますが、それは宗教団体として創価学会が求め決めるという事については「どうぞご自由に」と思っています。

そもそもこの勤行について。
本来は日蓮正宗で僧侶が朝晩実践していた修行の形式を簡略化して在家信徒でも行える様にしたものです。

いわゆる「五座・三座の勤行」というやつですね。
この勤行の淵源について少し調べてみると、この形式というのは十七世紀の頃にある程度、形式が固まった様です。
これは大永三年(西暦1523年)に大石寺第十二世日鎮師が認めた「堂参御経次第」という書き物の中に、その原型が残っています。まずはそれを紹介します。
■一日夜
 本堂へ十如是寿量品一巻、題目百返
 天御経へ十如是寿量品一巻、題目百返
 御影堂へ十如是寿量品一巻、題目百返
 又其後、寿量品三巻、題目三百返

■二日朝
 御影堂にて、十如是寿量品三巻、題目三百返
 天御経へ参りて、十如是寿量品一巻、題目百返
 大堂へ参りて、十如是寿量品一巻、題目百返
 御影堂へ参りて、十如是寿量品一巻、題目百返
この形式が十七世紀の日精師の時に客殿一か所で丑寅勤行として五座をやる形式になり、十八世紀で日寛師が今の形式に近い内容を定めた様です。(日寛上人/歴全8、報福原式治状)
■一、丑寅
 初座(諸天) 十如是寿量品
 二座(本尊) 十如世雄寿量
 三座(代々) 十如是寿量品
 四座(祈祷) 十如是寿量品
 五座(回向) 十如是寿量品

■一、黄昏
 初座(本尊) 十如是寿量品
 二座(代々) 十如是寿量品
 三座(回向) 自我偈三巻
要は出家者の修行として「座(場所)」を変えながら、読経・唱題する修行があったものを、一か所で行う形式に簡略化した事で、この「五座・三座の勤行」の形式が整えられてきたという事でしょう。

これらは「化義(儀式の形式)」と言いますが、時代と共に変遷するものなのです。

だから創価学会として自組織で考えた形式にするという事も、ある意味で間違った事ではありません。

所詮、形式ですからね。

ではこの「勤行」という事について、日蓮は御書の中でどのように述べているのか。以下に「唱法華題目抄」の一文を紹介します。

「問うて云く法華経を信ぜん人は本尊並に行儀並に常の所行は何にてか候べき、答えて云く第一に本尊は法華経八巻一巻一品或は題目を書いて本尊と定む可しと法師品並に神力品に見えたり、又たへたらん人は釈迦如来多宝仏を書いても造つても法華経の左右に之を立て奉るべし、又たへたらんは十方の諸仏普賢菩薩等をもつくりかきたてまつるべし、行儀は本尊の御前にして必ず坐立行なるべし道場を出でては行住坐臥をえらぶべからず、常の所行は題目を南無妙法蓮華経と唱うべし、たへたらん人は一偈一句をも読み奉る可し助縁には南無釈迦牟尼仏多宝仏十方諸仏一切の諸菩薩二乗天人竜神八部等心に随うべし愚者多き世となれば一念三千の観を先とせず其の志あらん人は必ず習学して之を観ずべし。」

ここで日蓮は法華経を信じる人の「本尊」と「行儀並びに常の所業(勤行)」はどうあるべきかを述べています。

■本尊:法華経:八巻、一巻、一本。あるいはお題目を書き記したもの。
⇒これで本尊と出来ないと思う人がいたら、釈迦・多宝仏を書くか造仏して法華経の左右に安置。
⇒それでも本尊と出来ないと思う人がいたら、十方諸仏をを書くか造仏して安置。
■勤行の姿勢:道場の中では座して行う事、道場以外では行住坐臥(生活の行動の中)は特にこだわらない。
■勤行の内容:御題目を唱える事。
⇒それでも足りないと思うのであれば、法華経を読む。
⇒それでも足りないと思うのであれば南無釈迦牟尼仏多宝仏十方諸仏一切の諸菩薩二乗天人竜神八部等を心に思い描いても良い。

以上となっています。

この「唱法華題目抄」という御書は、日蓮の生涯でも立教開宗後、間もない時の御書なので、当然、文字曼荼羅などもまだ語られていませんし、おそらく化義という事も固まっていない時期であったから、この様な書き方になっているのではないかと思います。

しかし重要な事としては、「愚者多き世となれば一念三千の観を先とせず其の志あらん人は必ず習学して之を観ずべし。」という事では無いでしょうか。

これは「愚者」とここで書かれていますが、この日蓮の法門を未だ理解していないのであれば「一念三千の観(観心)」を、この本尊と勤行の事を行う際に、前面に出さずに、まずはこの事(観心)を学び習った後に行うべきであると書かれている事です。

つまり勤行を実践する前に、しっかりとその意義を学んでから実践すべきであると言っているのです。これは実に合理的な内容だと思いました。

つまり「祈り」とは何か、「本尊」とは何か、その本質的な事を学んだ後でなければ、どの様に形式等を整えたとしても、本来の意義から外れてしまうという事なのです。

これは僕が以前から語っていた事に符合する事なのですが、祈りとを叶える能力は万人に備わるものであり、日蓮正宗や創価学会の曼陀羅の専売特許ではありません。

また祈りを行うにはその意義は当然の事、理解していなければならず、ここで日蓮も、勤行を行うには「一念三千の観」が大事であるが、それを知らないのであれば、勤行の前に、その事を習ってから実践しなさいとあります。

「ただひたすらに祈れば良い」

そんな事では無かったのです。

またこの言葉を逆説的に捉えるのであれば、この御書にもあるように「行住座臥」とあるように、何も仏壇の前だけではなく、常に日常の中で御題目を唱える事が、実践としてあることが言えるでしょう。

文字曼陀羅は創価学会や宗門に在籍しないと頂くことは出来ません。そしてそれら組織はそれをもって、日蓮の信仰をしたいのであれば、自組織に所属することを求めています。

しかし本尊とは「根本尊形」として、何を尊重するのかを具体的に明示した物です。
あればベストなのかもしれませんが、それの受持を必須としているとは、この唱法華題目抄を見る限り、そうは思えません。

また御題目や経典を読むことを「読誦」と言いますが、これは「声を出して読む」という意義と「口ずさむ(誦)」の意義があります。

そこから考えるのであれば、何も一ヶ所にとどまらず、常に心の中で御本尊(文字曼陀羅)を思い描き、一念三千を観じる意義で御題目を口ずさむという方法も、当然ありだと想いますよ。

この方法は昔から「内得信仰」という事でありましたよね。

勤行について、僕はこの様に考えています。
PR

プロフィール

HN:
運ちゃん
性別:
非公開

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
2
4
10 16
17 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

[05/03 NONAME]

忍者カウンター

Copyright ©  -- 想学談林-管理者の部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]