忍者ブログ

想学談林-管理者の部屋

想学談林の管理人が、たまにぼやく言葉の部屋です。 お時間があれば、お付き合い下さい。 想学談林:https://sougakusalon.wixsite.com/sougaku-danrin/home

   

【20160204】南無妙法蓮華経について④

こんにちは( *・ω・)ノ

さて昨日は節分。暦の上では春になります。
とは云っても寒いことには変わり無く、これから気温が低い日もまだまだ続くでしょう。

これまで御題目について、御義口伝を基に振り返って見ましたが、そこにある意義は幾つかありました。

一つは「無明」という、人々の悩みや苦悩の根本的な要因と、「法性」という悟りの要因。これは別々に在るのではなく、一体であるという事。

また原因と結果が別々に在るわけでもなく、これらも同時に具わること。ここでいう原因とは九界の事でもありますが、仏教の教えとして、この九界で悩み苦しむ先に成仏(結果)があるとしていましたが、それらは同時に備わるという事。

そしてこれらの事を声をだし、語るという事が「妙法蓮華経」という経典の意義であり、そこの意義に心も体も帰命するという事が南無妙法蓮華経という御題目の意味だと云うのです。

さてもう少し形而上の事を語ります。
人間が生きていくのは、実に多くの悩みや苦難が付きまといます。
例えば子供の頃には、欲しいものが手に入らないとか、大人になれば収入が少ないとか。
これだけではありません。
年齢が上がれば老いを感じ、病気で苦しむこともあれば、大切な人を失うことも有るでしょう。

仏教では四苦八苦と言いますが、釈迦の教えと云われる仏教宗派の多くは、こういった事について、根本の原因は「因果応報」「煩悩」という事だと教え、だから修行し煩悩を絶ちきる事を教えています。

今の時代ではこういう仏教宗派も形骸化し、多くの人たちはこういった仏教宗派の教えの事すら知らないかも知れません。しかしそうは云っても苦悩は付き物という人生の構造に変化はありません。

こういう苦悩は逃げれば逃げるほど着いてきますし、目をそらせば反らすほど鮮明に見えてきます。

だから人々は苦悩を増すわけですね。

では妙法蓮華経とは、そこに対してどの様な事を述べているかと言えば、そういう苦悩と同価値の悟り、ここでは人生の気づきとでも言いましょうか、人生の苦悩にはそういう事が隠れていることを述べているわけですね。
これが「無明・法性一体」です。

またその苦悩とは、時間をかけて努力する事でより良くなるという事ではなく、この苦悩の中に、人生の喜びが同時に内包されているという事。これに気付く事が「因果倶時」です。

だからそれを信じて生きなさい、という事が妙法蓮華経という五字に託された意義であり、その意義を信じていくというのが、南無妙法蓮華経という御題目ではないかと思います。

この大前提を理解して御題目を唱えるのと、理解をしないで唱えるのでは、やはり結果として得るものは異なるのではありませんか?

そんな事を知らないで、御題目を「祈りを叶えるマントラ(呪文)」として唱える事は、はたしてこの日蓮の目指していた志に合致するのか。

「日蓮と同意ならば地涌の菩薩たらんか、地涌の菩薩にさだまりなば釈尊久遠の弟子たる事あに疑はんや」
(諸法実相抄)

ここで日蓮は「久遠」と述べていますが、これは単に時間の事を述べているわけではありません。釈迦の根源的な志と同意した弟子であるかという事であり、それを地涌の菩薩と呼んでいるのです。

この事は御題目を唱える上で、能々考えていきたいものですね。

PR

プロフィール

HN:
運ちゃん
性別:
非公開

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
2
4
10 16
17 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

[05/03 NONAME]

忍者カウンター

Copyright ©  -- 想学談林-管理者の部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]