忍者ブログ

想学談林-管理者の部屋

想学談林の管理人が、たまにぼやく言葉の部屋です。 お時間があれば、お付き合い下さい。 想学談林:https://sougakusalon.wixsite.com/sougaku-danrin/home

   
カテゴリー「NDE関連」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

【20170321】死というのはよーわからん

こんにちは(  ̄ー ̄)ノ

この連休はのんびりできましたが、その分、週明けのダルさがあります。
昨日はYoutubeで、過去にNHKでやっていた「チベット死者の書」に関する動画を見てました。

原始仏教では「無我」を唱え、輪廻転生からの「解脱(この舎婆世界へ生まれなくなる)」を説いています。この解脱というのは仏教独自の思想ではなく、古代インドにあった思想で、そこの影響もあるのでしょう。

チベット仏教はもともとチベットにあった土着宗教のボン教と仏教が融合して成立したものと云われ、過酷な高地の人々の中で生と死を間近に見続ける環境から派生しているので、こと死と生についての洞察は深いものになったのだと思います。

このチベット仏教には「バルト」という考え方があり、これは川の中州という意味があるそうです。

バルトには四つがあるという事で、生のバルト、死のバルト、中間生のバルト、再生のバルトというそうで、人間が死ぬときには生のバルトから死のバルトへと移行する過程だと言います。そしてこの時には「心の本質」が現れるので、そこで悟りを得られれば、輪廻転生からの解脱ができて、この世界に二度と生まれることなく、苦悩から逃れる事ができると言います。

チベット仏教は大乗仏教に分類されますが、この辺りは原始仏教の考え方に近いのかと思ったりしますね。

この世界を「舎婆世界」と呼び、苦悩の世界という事から、二度とこの世界に転生しない事を目指す考え方は南伝仏教等にも多くありますが、法華経はこの考え方とは一線をかくすモノかと思います。

特に如来寿量品では「我常在此 舎婆世界 説法教化」と、本来は解脱した仏が常に居る場所として「舎婆世界」だと述べてますからね。

このチベット仏教は、ヨーロッパの唯識派の人たち、代表的な人はカール・グスタフ・ユングに多大な影響を与えました。

しかし昨今の臨死体験学等では、人々はこの世界に「魂の成長」のために繰り返し生まれてきているという説もあったり、多くの臨終を看とり研究してきた、故・キュブラー・ロス女史等は、成長の先に「魂の羽化」の様に次の段階に移行するという考え方もあったりします。

要は生と死の問題とは、人類にとって抜きがたく、永遠の課題として存在してるんですよね。

この十九世紀から二十一世紀という時代は、人類にとって「物欲の時代」かもしれません。産業革命の機械化から始まり、パックス・アメリカーナでは「大量生産、大量消費」の世紀となりました。

しかし人間が普遍的に持つ「生と死の問題」については迷走を深めるだけで、なんら解決するばかりか、こちらも混迷を深めています。

だって誰もが正面から向き合えなくなりましたよね。

特に今の日本では、産まれるのも病院で、死に逝くのも病院という、社会から隔絶した場所となってます。

そろそろ、人間が普遍的に持ち合わせている、この問題について、思いを致さなければならない時期に来てるのでは無いでしょうか?

最近、僕が感じるのは、この世界の奥にある意思というか、そういった事ですね。これは何もオカルト的な事ではないですよ。

人々は何らかの意思により、この世界に産まれ、そこで一つひとつの人生を全うしているのでは無いかということで、これは単なる偶然の産物としての生などでは無いんじゃないかと言うことです。

答えなんて当然、持ち合わせているませんが、そんな事を感じながら、日々生活をしています。

あ、、そうそう。
こんな事について、今の創価学会では当然の事、答えなんてありませんから。

今の創価学会では師弟不二なんつー、下らん呪縛を教えているだけで、それによりまだ思考を縛られている人たちも沢山居ますからねー。

以上、とりとめ無い今回の記事でした。
PR

【20170304】NDE(臨死体験学)の真価

こんにちは(´・ω・`)

偶にはおざなりしていたテーマの記事も書いてみようと思い立ち、少し放置していたNDE(臨死体験学)関係の事について記事にしてみます。

いや~、本来ならば創価学会で信仰する中で、こういったテーマについても座談会なんかで取り上げて、みなで意識啓発を行う事も大事だと思うんですが、最近の座談会ではこういったテーマなんかで「研究発表」といった類いはありませんね。

その昔、僕が青年部で若かりし頃なんで、こういったテーマ以外にも社会問題や様々なテーマを取り上げて青年部あたりが座談会で「青年部コーナー」という事で研究発表していたんですが、最近の座談会ではVODで15分、活動体験で5分、、、なんて事で積み上げ式に同じ内容を積み上げて、最後に「担当幹部」なんて言って地元の圏幹部あたりが適当な話をする時間を20分とかやって、合計1時間ほど。なんて内容です。

これでは面白味もクソも無い会合で、まったくもって何の為にやってんだかわかりません。
単に地元で創価学会の中でしか通用しない肩書の親父が、適当な話をするのをありがたがって聞くんですから、そこのどこが面白いんだか。。。

まあそれはともかく、本題に入りますので少しお付き合い下さい。

NDEとは前にもこのブログで何回か取り上げましたが、「臨死体験学(Near Deth Experience)」という事で、簡単に言えば一旦「死じまった~」という人が生き返り、その死んじまったと言われる間に体験した出来事を研究しようという学問です。とっても乱暴な言い方ですが。

日本国内では1990年代頃でしょうか、ジャーナリストの立花隆氏が「臨死体験」という本を出版し、NHKでも取り上げられてそれなりに話題になりました。

この日本でNDEについて研究している人でカール・ベッカーという京都大学の教授がいます。Youtubeあたりにはいくつか動画が上がっていた李するので、見てみる事をお勧めしますが、この教授が言っていた事で、日本国内にもNDEに関する様々な文献があると言い、その多くは奈良・平安期の仏教僧のものです。

その文献には様々なものがありますが、多くは「往生」という、創価学会の活動家にとっては拒否反応を示す文字がありまして、こういった事を創価学会で学ぶ事はないでしょう。
そこでは様々な事が記録されていて、カール・ベッカー教授はもったいないとも言っていました。(このあたりはうろ覚えですみません)

このNDEですが、人として学ぶべき事が多くあると思うのですが、皆さんは如何お考えでしょうか?

「されば先臨終の事を習うて後に他事を習うべし」(妙法尼御前御返事)

日蓮は弟子の妙法尼にこの様に言われているのは御存じの方も多いと思いますが、さりとて日蓮仏法と言われる教えの中には臨終について考察されたものがありません。「十王讃嘆抄」というものは日蓮著と言われながら偽作ですし、「臨終用心抄」という日寛師の文献も果たして日寛師が著したか明確ではありません。何より身延日蓮宗の僧侶や禅宗の坊さんの言葉を引用しているだけですから、中身がありません。

恐らく日蓮の説いたものは、法華経流布に主眼を置き、当時対極で広まっていた念仏宗を排撃していた事もあって、あえてこういった話題には深く踏み入っていないのではないかとも考えたりします。

先にカール・ベッカー教授が云うように、日本の中の既成仏教教団自体、こういった思索を深めてこなかったんでしょうね。

20世紀に入り、欧米ではカール・グスタフ・ユングとかフロイト、その他、多くの哲学者が出てきましたが、彼らをきっかけとして今ではこのNDEについては欧米の方が一歩も二歩も先んじている感を僕は持っています。
近年で言えば、故キュブラー・ロス女史やレイモンド・ムーディー医師、また先のカール・ベッカー教授などもいますし、最近では現役の脳外科医であるアレクサンダー・エベンス氏もこのNDEについて研究しています。

これら臨死体験の研究を見てみると、そこでは「この世界に何故、生まれてきたのか」「何故、様々な苦難にあう人生を送るのか」という事についても、きわめて興味深い話も出てきていますし、仏教でいう「豪(カルマ)」という観点でも、私たち仏教徒すら思いもしない観点が語られていたりします。

いまの人類にとって、実は臨死体験の中にこそ、様々な課題解決のヒントが隠されているのかもしれませんね。何故ならば、どんな人にも平等に訪れる出来事ですからね。

いかなる地位がある人であろうと、財を為した人であろうと、市井の中で生きる人やそれこそ道端で途方に暮れるホームレスまで平等に訪れる問題。それが「臨終」ですからね。

 ◆何故、この世に生を受けたのか。
 ◆何故、この様に苦しまなければならないのか。
 ◆家族や愛する人たちとの根本的な関係は?
 ◆死んだらすべてが終わりなのか。

そういった人生に根源的に横たわる問題について、直視するのが臨死体験学の中では語られていると思います。

ただ一つ難しいのは、この臨死体験というのは民族や宗教、またその人ひとり一人の生立ちなどに大きく影響を受けていき、語られる内容も表面上はてんでんばらばらという処でしょうか。

でも学ぶべき事も多くあると思いますよ。

という事で、ここでは本当に触りだけになりますが、少しNDEという事について語らせてもらいました。僕自身もこの事については現在も思索中ですし、その内容は本サイトの「想学談林」にも逐次アップさせてもらう予定です。

でもね、、、本来であれば「宇宙の法則」とか「三世永遠の生命」なんて語る創価学会の中でも語られるべきテーマであり、それこそ「東洋哲学研究所」でも掘り下げるべき事だと思うんですけどね。

しかし創価学会では、今年の夏にある「東京都議会議員選挙」の方がとても大事らしく、中の活動家では誰もそんな事を考えてやしませんよ。

うーーーん、残念!!

プロフィール

HN:
運ちゃん
性別:
非公開

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
2 5
6 7 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[05/03 NONAME]

忍者カウンター

Copyright ©  -- 想学談林-管理者の部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]