忍者ブログ

想学談林-管理者の部屋

想学談林の管理人が、たまにぼやく言葉の部屋です。 お時間があれば、お付き合い下さい。 想学談林:https://sougakusalon.wixsite.com/sougaku-danrin/home

   
カテゴリー「未選択」の記事一覧

【20170909】人を救うという事

こんにちは(  ̄ー ̄)ノ

最近ふと思うことがあります。
僕が青年部の時、御本尊授与した人達はどうしているのか、という事です。

考えてみたら、悲しいかな組織には一人残っているだけで、後は組織には着いてません。病気で入退院を繰り返している人もいますし、家族の中で一人入会した人は、僕の地元から引っ越した後、引っ越し先の婦人部が、その家族の未入会の奥さんの対応が悪い事から「こんな人は面倒見切れない、選挙戦では邪魔」とばかりに統監を僕の地元組織に戻してきました。そして僕も遠隔地なので対応できず、恐らく宙ぶらりんの状態でしょう。

また組織の中でも、男子部で当初、共に頑張っていたメンバーも身体障害者になってたり、あとは活動を止めて組織から離れてしまったメンバーも多くいますし、いまだに五十代過ぎてもニートのままのメンバーも居たりします。

思うに昔、御本尊授与で友人に対して躊躇したとき、先輩が言っていた「お前は人を救う気が無いのか!無慈悲な奴だ!」という叱咤は、何の意味があったんでしょうね。

やもすると創価学会の中で「彼を救ってやりたい」とか「知人に御本尊を持たせて救いたい」と言いますが、人を救うなんてのはそう簡単に出来るものでは無いんですよね。

組織から離れたのは十年以上前ですが、学会活動は止めても僕は知人で悩みを持っている人がいた場合には様々な事をしてきました。それこそ仕事をクビになってしまったメンバーに仕事を紹介したり、個人的な悩みを持っている人が居たら深夜でも知人に会いに行ったりして相談に乗ったりもしました。しかし、それによって事態が一時好転したとしても、また深みにはまり込んだりと、なかなか人生の辛苦というのは一朝一夕に解決はしない事ばかりでした。

そのたびに自身の無力さを実感したものです。

しかし今になって振り返ってみると、そうやって関わりを持った人の多くは、何とか自分自身で道を見つけて生きていくものなんですね。その中ではいまでは地方で会社を立ち上げた人もいて、上京のおりには連絡をもらい交流を続けている人も居たりします。

ここから理解したのは、人の悩みとはおそらく本人が正面から向かい合う事が出来れば、乗り越えられないものはないんだなという事であって、知人として出来る事は、その悩み苦しむ過程で寄り添う事くらいなのかもしれません。

「御本尊を持たせて友人を救ってやらなくてどうするんだ!」

この言葉というのは、そこから考えれば傲慢であり浅はかな事なのかもしれません。
友人に日蓮の文字曼荼羅を与えたとしても、その友人にどれだけ寄り添う事が出来るのか。悩み苦しむ人に出来るという事は、そこだけでしかないのですが、創価学会では文字曼荼羅を授与して入会させたら、ほぼそれで事は終わってしまっていますよね。

「人を救う」というのは言葉でいうほど簡単なものではなく、それなりに覚悟が必要な事。
だからそう簡単に言うべき言葉ではないのですが、創価学会で折伏という新規会員獲得の活動では、この言葉を乱発していますよね。

だったらとことん友人知人に付き合うべきであり、組織としてもそういう事を理解しなければいけません。

そんな事をふと考えてしまいました。

PR

【20170908】幸福製造機とは

こんにちは(  ̄ー ̄)ノ

たまには教学的な事も書かないといかんかなーと思い、ちょっと今回の記事にしました。

かつて日蓮の文字曼荼羅を、第二代会長の戸田城聖氏は「幸福製造機」と呼びました。
これは日寛師の言葉にあった「祈りとして叶わざるなく、罪として滅せざるなし」という言葉に基づいての事なのかと考えています。

日蓮の御書を拝読すると、確かに御本尊に強盛に祈る事で叶わないことは無いとか、それは信心によると書かれていますので、やもすると日蓮は戸田会長の言うような「幸福製造機」として人々の所願満足の為に著したと思うのでしょうが、そもそも僕は文字曼荼羅をその様な物だと思えないのです。

文字曼荼羅とは何か。
そういえば今回の会憲で「教師」や「準教師」を置くそうなんで、是非ともこの事を「教師」や「準教師」に語って貰いたいものですが、簡単に言えば日蓮の感得した法華経の世界観を曼荼羅として現した物だと思います。

それは本門の虚空会の儀式の姿です。

またこの文字曼荼羅に向かってお題目を唱えるというのは、意義的には法華経の虚空会に自身も参加するという事であり、この虚空会の姿が自身の中にあるという意味から、自身の心を観じるという「観心」にもつながるのでしょう。

天台大師は「摩訶止観」の中でこの「観心」の取り組みを語ってますが、日蓮は文字曼荼羅にお題目を唱えるという形でそれを行えるとしたのです。

だからこの文字曼荼羅を「幸福製造機」と理解させたのは意義が異なるわけで、まあ戦後の混乱する日本社会の中で、人々に仏法を縁させる為の方便でしかないでしょう。

「創価学会は発迹顕本しなければならない」

この様に述べるのであれば、そろそろ活動家幹部に対してご利益信仰からの脱却させるべきだと思いますが、どうでしょうか。

さて、話は変わりますが人の心というのは敏感かつ複雑なものであり、この心の世界から全ての現実が創造されるというのが、仏法の考え方だと思いますが、そこから考えるのであれば、人の幸福も不幸も、すべてはその本人の心の動きの為せる業です。

だからもし「幸福製造機」というのであれば、それは自分自身の心を指すわけであり、単に対境としてある文字曼荼羅を「幸福製造機」と呼ばせ、理解をさせたとしたならば、自身の外にこの心の動きがあると認識をさせてしまい、結果としてその信仰というのは「外道=心以外に実相がある」という理解をさせるものとなります。

今までに幾人からか「御本尊に祈っても叶わない」という相談も受けましたし、その結果、人生にあがき苦しんでいる人にもお会いしたことがあります。

そもそもなのですが、仏教への信仰とは「自身の所願満足」ではなく、自分自身を理解することであり、その為にも自分という存在の本質を観じる事が目的ではないでしょうか。
しかし第二代戸田会長の残した「御本尊様は幸福製造製造機」という指導はそれを誤解させてはいませんか?

以前にある婦人部の大幹部が「御本尊ちゃま!お願いー!」と祈る事で全ての祈りが叶うなんて指導をかましてましたが、それなんて最たるものです。

まあ会合に参加していた婦人部のお歴々の顔は、その話を聞いてキラキラ瞳を輝かせていましたが、考えてみれば無闇やたらな公明党支持や聖教新聞の多部数購読の原動力も、そのご利益信仰なので、信濃町界隈からすれば、それを煽ることで自分達のビジネス収入が上がるわけですから、煽るという行為も彼らのビジネスなのでしょう。

もし「幸福製造機」というのであれば、それは対境の文字曼荼羅ではなく、そこへ向かう自身の心がそれであり、また幸福というのも単純な所願満足によるのではない。

そこへの理解を深めてほしいものですね。

昭和二十年代から四十年代あたりは、ご利益信仰を語れば組織拡大できたのかも知れませんが、いまの時代は違います。

ネットで未だに日蓮の文字曼荼羅を「幸福製造機」と呼んで「お題目をあげなくっちゃ」なんて会員に認識させているようでは、創価学会もたかが知れていると言うものですね。

【20170904】世界宗教とは内向きの言葉

こんにちは(  ̄ー ̄)ノ

「創価学会会憲」が今月2日の聖教新聞の一面に大々的に紹介されていました。
詳細については、いま読み進めていますが、ここで創価学会のいう世界宗教という擬慢性について、思う所を書いてみます。

「日蓮大聖人仏法を世界宗教化する」
「池田思想は民族、思想を越えて人類の相互理解を深める思想である」

こういう事を、創価学会は十五年ほど前から、いや、もっと以前から主張していました。
例えばイスラム教徒のテヘラニアン博士が戸田記念国際研究所所長となり、インドSGIのラダ・クリシュナン氏はヒンドゥー教徒。これら他宗教の人々から池田思想は共感されているのが、その証拠だと当時の中央幹部は語ってました。

確かに日本国内では、そんな詭弁は充分通じるでしょうが、果して国際的にそんな思想団体と評価されているのでしょうか?

少なくとも僕が知る限り、某国公使館職員は、池田会長を評して「最大のジョークだ」と苦笑いで語り、某公明党元参議院議員は自身の南米での役割として池田会長への顕彰を探すことだと語ってました。
またアメリカSGIにいたメンバーの複数から、アメリカの組織の実態を耳にしても、また世界の中での創価学会の実態は、国内の活動家幹部が聞いている事とは異なってます。

また学生時代の創価学会とは関係の無い同級生から、海外の創価学会は日本人の互助会の様だったとも聞きました。

確かに各国には創価学会の会員はいるのは解ります。でも果してそれだけで世界宗教化したと言えるのでしょうか?

世界三大宗教と言いますが、仏教徒は三億人程度であり、キリスト教徒は十億人近くいます。また昨今、世界で顕著となった貧困の格差もあってイスラム教の拡大が顕著となっているそうです。

またキリスト・ユダヤ・イスラム教は共に同じ神を信仰(一神教)しており、その宗教を信仰している民族や国家の文化には大きな影響を与えています。

僕が思うに池田会長は、類い希なキャラクターと、創価学会の資金力を背景としながら大きな人脈を作ることが出来ましたが、これはあくまでも個人的な資質に依るものであって、彼の御仁の持つ思想によるものではありません。

それの何より証拠は、彼の御仁の後を継げる人材が御仁の膝下から出ていません。

これは冷徹なる事実なのです。
つまり人材を育成するだけの思想性が、実は今の創価学会には欠如してしまっているわけです。

また考えてみれば、創価学会の思想はなく、そこにあるのは活動論や方法論ばかりであり、会員の中にあるのは日本独自の「ご利益信仰」という考え方だけではありませんか。

日本の国の在り方を左右する、一昨年前にあった安保法制一つを見ても、池田門下という人たちの考え方がまとまらないのも、この思想性の薄弱性を如実に表しています。

こんな組織の持つ思想が、果して世界宗教になり得るのでしょうか?

僕はなり得ないと思いますよ。

今回の会憲の制定は、「世界宗教化」と大々的に書いていますが、つまるところ日本の創価学会の会長の権限の明文化と、SGIという組織を、その日本の創価学会という組織の隷属化を明確に記しただけであり、この流れは本来の世界宗教化とは逆行するものでしかありません。

世界には多くの民族や文化が存在し、それぞれに長い歴史を持っています。そんな世界が信濃町界隈の宗教貴族が包含出来るわけが無いのです。

国内の分派の動きに対しても「査問」と「処分」しか対応できない宗教貴族に、世界宗教を語る資格があるわけ無いでしょう。

己の組織の思想にも無頓着な宗教組織が、世界宗教なんて語ってはいけません。世界宗教を本当に考えるのであれば、こんな会憲なんて組織の決まり事をいじる前に、自分達が何を信じているのか、その根幹を先ずは組織内でしっかりと語るべきなのです。

【20170901】信条的にはもう会員離脱ですね

こんにちは(´・ω・`)

今日から九月、いま出張先にきてまして、昼に客先に入るという事から時間つぶしをしています。
昨日はホテルでゴロゴロしながら「奇跡の脳外科医、福島孝徳」のYoutubeの動画を見てましたが、まあ様々な事を考えさせられました。



このドクター、ネットを見ると賛否両論ある人でもありますが、実際には脳外科医として多くの人を救い続けていて、いまもまだ現役の第一線で活躍している様です。
この動画を見ていると「神様が私に人を救えとこの力を授けてくれた」という事と、「人の200%仕事をして300%の努力をする」という発言にシンパシーを感じたり、まあとても興味惹かれる人物ですね。

別にこのブログで脳外科医・福島孝徳氏を紹介したいわけではなく、僕は一体何の為にこの世に生を受けたのか、最近でも様々考えたりします。

前にも書きましたが、僕は若いころに創価学会の活動をはじめ、人生の四半世紀をその創価学会の中で生きてきました。しかし十年以上前に、その創価学会に見切りをつけ、活動を止めました。

「貴方はなぜ、創価学会員なのですか?」
「池田先生を信じれなければ創価学会を脱会すべきです」

この様な言葉を幾度も言われてきました。
考えてみれば、御指摘の通り今の創価学会では「名誉会長・池田大作」という人物に何かしらのシンパシーを感じていなければ組織の中ではやっていけませんし、創価学会の再建を考えている人や正常化を考えている人も、同じくそういったシンパシーを感じている人たちです。
一方、僕はと言えば既に池田名誉会長には何らシンパシーを感じる事もなく、どちらかと言えば同じ職場で仕事に取り組んでいる人、社会の中で活躍している人といった「創価学会以外の人たち」の中に多くのシンパシーを感じています。

だからTwitterにおいても「池田名誉会長」を「御大」と呼んだり「永遠さん」等と呼び、まあ創価学会にシンパシーを感じている人たちから見たら、おそらく「何物なんだこいつは?」という感じも与えているのでしょう。

であれば創価学会の界隈から離れ、創価学会の事なんて口にしなければ良いですし、こんなブログなんかにちまちまと書く必要もあまりないのかもしれません。

僕は何度か書きましたが、今の創価学会の再建は不可能だと思っています。
その理由は客観的に「利害関係者」が巨大な事。つまり今の創価学会によって、日々のオマンマの種を得ている人たちが多くいます。これらは何も信濃町界隈といった専従職員だけではなく、その創価学会の持つ利権に群がる企業団体、それに関係する人たちも含みます。

だから原田会長はそういった利害関係者の中心で利権を握っている代表者に過ぎません。

またたち悪い事に政治にまで深く関わっていますよね。
それも国政だけではなく、日本国内の地方公共団体の政治にも深く関わっています。

こんな組織を「戸田先生は自分の好きな創価学会を造ればいい」と若き池田会長に言ったという事から、創価学会の組織の変革を考えている人、思う人も居る様ですが、それはつまるところ、創価学会でご飯を食べている人たち(何度も言いますが、専従職員だけではありません)の生活を破壊する事にもつながる事であり、生半可な事では出来ないでしょうし、それこそ命を賭して取り掛からなければなりません。

「日蓮大聖人、歴代の会長は生命を賭して居たんだから当たり前ではないか!」

そんなお叱りの言葉を受けそうですが、それでも僕は今の創価学会にそれほど価値を見出せません。

何故ならば既にこの組織の思想性が仏教ともかけ離れ、そもそも僕が当初、創価学会に期待していた「人の生死、四苦の超克」という事とは全く関係のない組織になってしまっていると評価しているからです。

「だったらさっさと創価学会から離れれば良いだけだ!」

という言葉に行きつくわけですが、僕自身、既に創価学会の組織からは離れています。
いま持っている創価学会の役職も、先輩幹部から「メンツを立てる為に受けてくれ」と言われて受けているにすぎず、ここ一年以上、座談会にも参加してませんし、会合という意味では関係していませんからね。

既に離れてしまっています。

ただ嫁が活動家幹部である事、また身内にも創価学会の活動家幹部がいる事、そして幾人かの友人の中にも活動家が居るから今の立場にいると言うだけです。

だから実質上は既に会員を離脱している感じです。

まあこんな事を書くと、またやいのやいのと言われそうですが、それは覚悟の上。

これからも僕は、仏教への思索と、それに関係するであろう思想なんかを個人的に学びながら、自分自身の人生をこれからも生きていますけどね。

ちょっと雑感的になりましたが、そんな風に考えています。

【20170831】数合わせごっこと大勝利

こんにちは(  ̄ー ̄)ノ

本日の関東地方は台風の影響で曇り、所々雨が降っている様です。
しかし昨日の練馬区あたりの集中豪雨、凄かったですね。短時間であれだけ水位が上がってきたらたまりません。
僕が子供の頃にも夕立と言うのがありましたが、こんな粗い天気では無かったですね。本当にこの半世紀ほどで日本の気候は変化した事を実感します。

さて明日から九月です。
Twitter見ると地区討議資料が出ていたりして、それなりに創価学会の中の様子が垣間見えたりしますが、相変わらず数値目標を立てて進めてるんですね。

活動家も激減し、未来部も減少、しかも組織全体が高齢化著しいなか、昭和三十年代と同じやり方を続けてるんですから、組織官僚としての信濃町界隈は役に立ちませんね。

以前に信濃町で開催している「中央会議」を見る機会がありました。当時は秋谷会長、青木理事長、原田事務総長というお歴々でしたが、職員というのは本当に社会的無能者の集まりだというのが、その景色から判りました。

これは以前も紹介しましたが「上司に無断で職場から居なくなるな」「仕事の納期は守れ」「特に壮年職員は態度が悪いと指摘があるから、会員を大事にしろ」。
こんな事を原田事務総長が訓示しているんですから、呆れ返ってしまいました。

こんな無能な集団が全国に向けて指導するんですから、創価学会が衰退するのも当たり前ですよね。だから昭和時代の活動をトレースするしか能が無いのでしょう。

創価学会の末端では数値目標を立て、それを達成すれば「大勝利」で「楽しいこと」とし、達成できなければ「負け」とし、それは「広宣流布の後退」と考えています。
だから幹部になれば目標値をクリアする事に異様に執着します。

僕が男子部で部長の時、折伏の期間闘争の中であったことを少し紹介します。

当時の僕は部長なりたて、それこそ「初戦が大事」とばかりに、本部長や圏男子部長から日々「激励」と言う名の叱咤を受けてました。

要は折伏の結果として、担当の支部で御本尊授与が出来てなかったんですね。

だから圏部長会では毎回吊し上げされ、一日おきにある本部部長会でも副本部長には怒鳴られ、毎晩深夜に本部長から電話で三十分はネチネチやられる。そんな日々を過ごしてました。

僕が当時、考えていたのは「仏法対話を出来る人、また活動家を増やすこと」の二つであり、日々部員の所をコツコツと回っては、拙い対話に努めてました。

「授与数が増えても、それに伴い組織の陣容が増えなければ広宣流布ではない」

そういう考え方を持ってましたから、当時は「忍辱の鎧」ではないですが、ひたすら上から言われていた事を我慢してました。

そんな中、ある壮年部支部幹部の子息が独立するというので、支部内で分世帯がありました。創価学会では「世帯」で会員を管理してますが、子供が独立すると新しく統監カードを作り、世帯を分けるんですが、それと共に御本尊を子供に渡すんですね、新しく。

まあ支部幹部の子息なんで、昔から男子部だったので「やっとこさ独立したんだな」という程度の認識でしたが、当時の支部長から怒りの電話が掛かってきました。

「運ちゃん!○○さんの子供を新入会にしろと来てるけど、これはどう言うことだ!?」
「彼(支部幹部の子息)を新入会の本尊授与として報告に上げるって、本部長(壮年部)から来たけど、お前はそこまでして数字がほしいのか?」

当時の支部長は今から考えたら常識人であり、当たり前と言えば当たり前の事なのですが、僕はそんな分世帯を新入会という話は聞いたこともないので、理解に苦しみ支部長にその事を話しました。

するとどうやら壮年部の本部長から指示があったらしく、その大元は当時の男子部本部長のようでした。

「俺はそんな事認めないから」支部長は怒気を含んで言ってましたが、至極当然。

その夜遅く、何時もの様に本部長から電話が入ったので、その事を問いただすと。

「これで運ちゃんの支部でも御本尊を授与出来るという結果が出たんだから、良いじゃないか。何が問題なの?嬉しくないの?」

何をこの人は言っているのかと思いましたが、創価学会という組織では数字という結果を出してない幹部には発言権はありません。結局、支部幹部の子息は「新入会員」として新たな入会日が書き込まれたカードに移され、本当は「学会二世」なのに二十歳を過ぎて入会した男子部として、引っ越しさきの組織に回されたのです。

数年後、僕は副本部長兼任の部長として、同じ圏内の支部に派遣されましたが、そこでも折伏では数字を挙げられませんでした。当時の圏男子部長や圏書記長からは、やいのやいの言われましたが、兎に角人を出さなければと、部員の掘り起こしをした結果、折伏ではゼロ世帯でしたが、部活動者会に参加する部員は増加しました。

その後、僕が本部長になったとき、あれよあれよと御本尊授与をその支部はやり、数字的には本部として「大勝利」したという経験があります。

創価学会では「数値目標値」を設定し、期間内にその数字をやり抜くことが「大勝利」と指導しています。だから幹部はどんなことをやろうと、数字を挙げることに執着します。それは手段をある意味で問いません。

昨今話題になった、聖教新聞の多部数講読の流れの原因は、こういう組織文化があるでしょう。

活動には全て目的が本来は存在し、そのために毎回の目標を立てるわけです。目標は数で表しますが、その数値目標の影には、数字にならない目標があるはずなんです。

そして数字にならない目標の裏にある目的とは、組織の十年後、五十年後、また百年後という事を見越して本来はあるべきだと僕は教わりましたし、そう考えても来ました。

「お前さ、池田先生は決意は要らない、結果(数字)しか要らないと言ってんだよ!」

こんな台詞も山ほど聞いてきましたが、所詮、結果(数字)なんてモノは後から着いてくると僕は考えていましたし、だからその活動の根っこについて毎回考えてきました。

まあだから活動を止めたんですけどね、結果として。

しかし創価学会の活動家幹部の多くは、未だに結果という(数字)に躍り狂い、それを求めて動いているようですし、信濃町界隈も相変わらずそれを煽ってます。

いつになったら、組織活動としての間違いに気づくのか、恐らく気づくことなんてないのでしょうかね。

プロフィール

HN:
運ちゃん
性別:
非公開

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 7
8 9 13 14
15 17 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[10/21 中]
[05/03 NONAME]

忍者カウンター

Copyright ©  -- 想学談林-管理者の部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]