忍者ブログ

想学談林-管理者の部屋

想学談林の管理人が、たまにぼやく言葉の部屋です。 お時間があれば、お付き合い下さい。 想学談林:https://sougakusalon.wixsite.com/sougaku-danrin/home

   

【20171005】分裂の創価学会

こんにちは( *・ω・)ノ

いよいよ10月に入りましたね。
この記事は帰りの電車の中で書いてますが、しかし今回の衆議院選挙において、女性問題で二人が消えるとは、公明党も落ちぶれたものですね。

いえいえ、選挙に走り回る活動家には判らないでしょう、この落ちぶれ具合。なにせ席取りゲームに勝ちさえすれば、創価学会は安泰だと何も疑わない人達ですから、この「忘恩の輩」についても離党したり、辞退したりで片付いた事だと言う事で、自分達の支援活動に差して影響なしと考えていると思いますよ。

以前にある中央幹部も豪語してました。
「創価学会・公明党の選挙は人脈選挙だ。だから強いんだ!」とね。

要は政策何かではなく、仲良しこよしの人間関係で「公明党の◯◯さんをお願いね、今回も厳しい選挙で大変なのよ~」と良い、その活動家との人間関係で票を集めるのですから、幾ら不審人物が出ようとも票が極端に減ることは無いと踏んでいるんですね。

ズルいもんですよ、会員の長年の人脈と、その信頼関係に依存して議席を得るわけですからね。

しかし、ですね。
そんな創価学会の中身はというと、実は長年に渡りそんな事ばかりやっているので、細かい軋みが発生していて、小さなヒビもあちらこちらに出てきています。

具体的には一昨年前の安保法制の時、国会前に三色旗を持って参加した人達も居ましたよね。またネット上では顕著に成ってますが、今の創価学会の動きや信濃町界隈の実態が、静かに浸透を始めてます。

「堤防も蟻の一穴から」

という言葉が在るように、今までは強固さを誇っていた創価学会の組織にも、細かいひび割れが随所に出てきてます。

「永遠の指導者」とか「創価学会仏」なんて言って、「日蓮世界宗」なんてものを商標登録して、さもこれからも創価学会が未来永劫、永遠に発展を続けるような素振りを見せてますが、こんな事で百年は持たないでしょう。

過去に正木元理事長が、権力の座に居たときに「師弟こそが創価学会を永遠足らしめる」と主張してましたが、その師弟により、その言葉や行動の解釈に異なった解釈が生まれ始めているんだから、とても皮肉なものですね。

恐らく信濃町界隈の会長や主任副会長、理事長あたりは、この事を冷静に見てると思いますよ。そして恐らく考えているのは、自分達が生きてるうちは、まだ創価学会は組織として充分に自分達の飯の種になると考えているのではありませんか?

昨今の調子に乗った山口代表の言動も、実はそんな事の表れだったりして。

彼らは信じてませんよ、日蓮も仏法も、当然ながら永遠の指導者・池田先生も。

これを真面目に信じきっているのは、末端幹部や活動家で日々走り回っている人達位ではありませんか?

細かい分裂のヒビが入り始め、青年部より下の世代が壊滅的な状況になりつつあるなか、団塊の世代で何とか体裁を保っている組織に永遠性なんて見ていてはいけません。

「諦らかに見る」は元々仏法用語ですが、こんな選挙に浮かれてばかり居ないで、少しは現実を見てほしいものですね。
PR

【20170929】選挙を通して思う事

こんにちは(´・ω・`)

今週で9月も終わります。
来月は少し落ち着くかなと思っていたら、どうやらお客様先にトラブル対応で地方巡業の月間になりそうな予感です。
「働き方改革」
この言葉、安倍政権が言い出して、何か大企業の中でも残業を規制して「自己研鑽の時間を作ろう」とか「家族との時間を取る様にしよう」という風潮もあるやに聞いています。
でもですね、、、僕の今いる職場では、居眠りする社員や何もしない社員などもいたりして、結果、パートナーの仕事量は増えているんですよ。この仕事場に「働き方改革」なんてもしやられて、「残業するな」とか言われてもねー・・・その前に社員にしっかりコスト意識を受け付けた方がいいんじゃね?と思ってしまいます。

さて衆議院選挙です。
僕は僕なりに今の政治の事を様々考えています。
これは創価学会の活動家時代ではやっていなかった事ですが(とか言いながら最後の方では公明党に投票してなかったんですが・・・)、本当に種々考えています。

一方、僕の嫁さんはというと、日々「内票会議」や「地区活動者会」なんてのに走り回り、夜は遅くまで書類とにらめっこしています。

本当に地区婦人部長というのは、コキ使われる存在なんですね。

そんな嫁に、夜家に帰りニュースなんかを見ながら、僕なりの政治の所感を語り、公明党や今の創価学会への指摘なんてのもしたりします。

うちの嫁はあまり反論する性格では無いのですが、たまに意見の相違や、やはり学会への考え方の違いから、言い合いとまでは行きませんが、議論になる事もあったりします。

その場合、引くのは僕の方なんですね。
僕自身はというと、このブログでも書いている様に、過去には創価班の広宣部でした。
それこそ妙観講・法華講や顕正会などとも渡り歩いてましたので、それなりに理論的に詰めて話す事は可能です。またそれが故に僕の処には最近では後輩の地元幹部なんかも話をしに来なくなっています。

まあ幹部には結構辛辣に詰め寄ったりしていますから、最後には嫌われてしまうんですね。

僕自身、これは決めている事なんですが、基本的には僕よりも上位役職者に対してしか、そのような理論で「ぶった切る」事や「詰めまくる」という事はしません。特に高齢者で生涯に渡り創価学会と生きていて、未だ創価学会を信じてまもなく霊山浄土へ行きそうな人に対しては、人生を全て否定する事にもつながりますので、僕としてそれを否定する事までは出来ないんですね。

これは身内や家族に対しても同様で、最後まで理屈で詰め寄る事はしません。

そもそもですが、僕自身が創価学会を完全否定せざるを得なくなった時には、精神的にかなり追い込まれた時期もあり、個人的にそういった時期はとても辛い時期でした。

それを考えると、身内や家族に対して、本人が覚悟も出来ていない時期に理論的に追い込んでも、結果としては家庭内や親戚の間がぎくしゃくしてしまいますし、無用に相手の人生を混乱させてしまう事にもなり、それは避けたいという想いもあるんですね。

まあ甘いんですけどね。
確かに理屈で正しく理が通って入れば、人間とは反論できなくなりますが、それが即ち相手の理解になるとは限りませんし、場合によっては無用に心の傷を深めてしまいます。

今の僕はこの創価学会を自分の中で否定する事で起きる精神的な混乱を、何とか乗り越える事が出来ましたが、それでも偶にフラッシュバックの様に自己嫌悪に陥る時があります。それは自分自身も創価学会の中で、それなりの役職を以って人の人生に影響を与えてしまっていたという事への自責の念があるからです。

思うに創価学会に限らず宗教や思想にハマってしまった場合、それを気付く事も大変ですが、気付いた後に、それが自分に跳ね返り、心に深い傷を負う場合が得てしてあり、それを自分自身の人生の一部として消化するにも、それなりに時価を要します。

しかしある程度自覚ある人であれば、時間をかけて乗り越える事で、その生きてきた時間のメリットやデメリットも自分の中でしっかりと自覚して位置づけできる時が来ると考えているのです。

そういった事から、僕は嫁が活動をしている事についても、詰め寄る事はしていません。

まあ時間のある時に、少しづつ語る事、また僕の日常の行動の中ですこしづつ示す事が大事だと思いますので、そういう事に取り組んでいます。

人は理論的に判る事と、心の底で理解する事は違いますから。

この衆議院選挙は、僕自身にとっても精神的に来るのですが、そこは「聖」の精神で。

「聖」という字は「耳」と「口」の「王」と書きます。
良く耳を凝らして相手の心の中の声を「耳」で聴きながら、適切な言葉を「口」で伝える。そういう事を「王」の心がけで行きたいと思っています。

【20170927】公明党議員のなり方

こんにちは( *・ω・)ノ

いやー、長沢参議院議員はやらかしてくれましたね。議員宿舎に知人女性を泊めていたとか。この「大法戦」の立ち上げにあり得ん話です。池田先生はどれ程お嘆きの事でしょう。

こういった裏切り者、不知恩の輩には、御本尊様が必ずや仏罰を下すことでしょう。

なんてバカな事を言うのはここまで。
しかし公明党の迷走っぷりには笑えますね。小池都知事に「都政に専念せよ!」なんて言って怒り、連携解消を検討とか。

東京都知事選挙の前、本来ならば首長選には関与しない創価学会・公明党が、小池都知事に対して組織を挙げて罵詈雑言浴びせて非難し、当時は自民党が推す増田氏を支援。でも小池都知事が当選したら「都民ファースト」なんて言い出して都議会選挙のタマに利用。そして国政選挙では自分達の思惑と違う行動したからけしからん。

公明党に先見の眼もなく、風見鶏の様に動いたんですから、何をいまさらと思いますよ。

まあこの苦言は、山口代表や、何だっけ?都議会公明党幹事長の意見ではなく、信濃町界隈のピロシ主任副会長の意見なのかもしれませんね。なんたって自民党のカウンターパートですからね。

「この小池都知事の事について、創価学会の意見は」なんて朝の番組でやっていて、信濃町を歩くおばちゃんたちにインタビューしてましたが、まるで金太郎飴の様な意見ばかり。

こんなのが日本の政治に関与している事自体、大問題だと改めて思いました。

さて本題。
議員になるにはどうしたら良いのか。よく自民党等では議員の下で書生して、秘書を経験してとありますよね。あと民進党の場合には労働組合活動とか。共産党はそもそも政党ですから、活動家になり幹部になれば成れるのかもしれません。

では公明党から議員に成るはというと、これは僕が組織の内側から見てきた事から想定してですが、大きく2つありますね。

まず国会議員ですが、創価大学を卒業するか、もしくは有名大学を卒業し、国家官僚や弁護士になり創価学会系の事務所に勤務すること。そして学会活動はしなくても良いので、組織に従順で両親や身内に反逆者が居なく、本人も池田御大の大ファンであれば、信濃町界隈から白羽の矢が立てられるかもしれません。

また地方議員の場合はと言えば、こちらは大学を卒業し、末端組織で泥々になり活動家として働き、幹部(恐らくは分県幹部以上)として有る程度地元内で名が知られていれば、信濃町界隈から白羽の矢が立てられるかもしれません。

面白いでしょ?
国政議員は組織活動の有無は問われず、地方議員は末端組織で泥々な活動をする。
共に有るのは創価学会に対して従順だあることです。そして選ぶのは信濃町界隈です。まあ地方議員に関しては、それぞれの組織のお偉いさんの推挙と信濃町界隈の追認という感じでしょうか。

だから公明党議員は、正直、立候補した時点では政治家のイロハはありませんし、恐らく志も無いでしょう。

だって共にあるのは「広宣流布」という掛け声と、御大に対するひた向きな恋慕の想いだけで、そんな人物に信濃町界隈がある日突然「ハイ!あなたはどこそこの議員に立候補!」と指名する訳です。

そんな人間だから、それこそ御大の名前を出され、信濃町界隈から指名されたら「NOという言葉はないんだ!」と議員に成るわけですが、元々政治という事には興味も無いんですから当たり前。

公明党議員に見える人のよさ(まあ持ち合わせてない人も居ますが)と脇の甘さは、こういう処に要因があると思いますよ。

そもそも議員になった時、政治家の志もない訳ですし、あくまでも創価学会という宗教団体から後押しされて議員になるので、必然的に、信濃町界隈には従順な人が議員になりますから、これはもう信濃町界隈にとっては「良い手駒」だと思います。

いま矢野元委員長の「黒い手帖」を読んでます。創価学会草々期に議員になった人には、それは面白い人が議員にも沢山居たようで、だからこそ創価学会から見たら「不知恩の輩」とか「忘恩の反逆者」なんて言われる人々も出たのではありませんか?

今の公明党議員には、そんな面白味のある人は出てこないでしょう。あるのは信濃町界隈の意を体にして、信濃町界隈の指示通りに動く議員だけです。

以前に僕は仕事で営業をしていた事があります。ある年明けに知り合いの社長から「公明党の賀詞交換会があるから、一緒にこないか?」と誘われました。なんでも相談料がリーズナブルなので公明党とは付き合いがあるとか。
僕は個人的に気が進まなかったんですが、仕事相手の社長からの誘いを無下に断ることも出来ず、交換会に行きました。

僕の男子部時代の先輩の中に、地方議員は居ますので、会場に入るとそこかしこに議員バッチを着けた先輩がいて「あれ?運ちゃん。元気してる?」とか「運ちゃん、お前何してんだ?」なんて声までかけられる始末。その社長からも「何でそんなに議員をしってんの?」と言われましたが、答えに窮してしまいました。

今も僕の青年部時代の同期や先輩は地方議員として活動しています。でもね、こんな公明党が日本を良くない方向に動かしている訳で、早く衰退して欲しいものと念願して止みません。

【20170926】希望の21世紀にしてくれよ

こんにちは( *・ω・)ノ

日々選挙に取り組む創価学会・公明党。
一体どの様な社会を目指しているのか、先ずは創価学会の活動家に聞いてみたい。

末端組織では選挙口上を暗記するための「政治学習会」が持たれるのだろうが、本来の選挙とは政策を明確にして社会の中で議論を喚起するものであるはずだ。

しかし創価学会・公明党では、本来の行動自体忘れ去り、単に椅子取りゲームで「大勝利」を目指すだけになってしまっている。

せっかく「マニフェスト」なるモノも社会の中で語られる事になったんだから、自分達が支援をしている公明党や自民党が、これまで日本社会をどの様に変えてきたのか振り替えるべきではなかろうか。

東洋経済オンラインに以下の記事が掲載されているので、読んでほしい。

貧困に陥った若者が、「下流老人」になる未来
生活保護受給者の爆発的増加は避けられない


これは今の日本の社会状況を的確にまとめてあると言っても良い。

恐らく僕の世代(今の五十代)は「逃げ切り」のギリギリ世代だろう。しかし四十代以下の世代は、こんな社会をサバイバルしなければならないのだ。

いま巷には「非正規社員」が溢れている。多くは正社員と同じ業務をやらされながら、実質的に低賃金で働き、将来に関する保証というのは存在しない。
僕のいるIT業界では、いまの相場でエンジニアという立場にいる人の多くは年収四百万が良いところだと思われる。

では正規雇用がもし増えたとして、こういった人たちの雇用や収入が守られるのか。将来に渡って安心して働き、生活し、家族を持って生きていける世の中になるのかと言えば、IT業界に関して言えば既にグローバリズムの洗礼を受けて久しく、そんな甘い状況では無くなっているのが現実である。

正規雇用であっても、既に単価は中国やインドといった新興国からエンジニアが入り込み、通常のエンジニアとしての仕事をこなすのであれば、彼らと同等かそれ以下の売り上げしか上がらなくなっているし、そんな社員を多く抱えた企業であれば、やはり会社を守るために収益が上がったとしても、内部留保に回すのは必然であり、そこを一概に責めることは出来ない、

これはIT業界の話だが、こんな話はどこの業界でも有る事なのではないだろうか。

また正規雇用と言っても、雇用が安定するかと言えば、やはり今の日本の社会は生き馬の目を抜く様な状況にあり、会社もいつ倒産するか判らない。倒産が無くてもリストラでクビになる事も考えられる。

要は今の日本社会には、既に終身雇用制度なんて無くなってしまっているのだ。しかし社会の認識の奥底には、未だ終身雇用制度への思いが残っている。

もうこうなると個人の努力とか企業の努力だけでは、どうにもならない状態に来ているのではないか?僕はその様に感じているが、どうだろうか。

だからこそ政治のレベルで今後の日本はどうあるべきかを議論し始めなければならないと思うが、残念な事に今の日本の政治家達は、既得権益とのシガラミで、それらを守る事と自身の当落のみにご執心の政治家ばかりだ。

何故この様な貧困な政治になってしまったのか、残念でならない。

これでは日本の沈没は避けられないのではないか?

「希望の21世紀にして欲しい」

そう願わすには居られないが、残念な事にそう語っていた組織が一番、それに向けて大事な事を破壊しているのだ。

【20170925】過去を知ることが大事

こんにちは( *・ω・)ノ

創価学会はすごいっすね、やっぱり。
この間まで教学だ総会だ未来部だと言っていたのに、もう組織は選挙モード。
切り替えの会合が立て続けにあるようで、うちの嫁も「内票会議」をやる準備で忙しそうです。

もうこれは「脊髄反射」の域ですね、活動家幹部達は。
何だかんだ言った処で「常在選挙」のパターンが深層心理に刷り込まれているとしか言えません。

こんな様子なんですが、何故今回の選挙をやるのと聞いても、恐らく答えはバラバラで、この間、公明党の斎藤氏が語ったという「政権選択の選挙」とでも答えるのが関の山でしょう。

でもね、所詮は自民党からは補完勢力としか見られてないのが解らないんですかね?

ここ数年、自民党の党勢は落ち込んでいます。要は党員が減少していて足元がグズグズになってる処を、補完の意味で創価学会を利用しています。

しかし利用される創価学会側は、そういう事で自民党にも貸しを作り、それで公明党や創価学会に有利に働いて貰えると勘違いしているんですよね。

政治権力なんて、そんな甘くないでしょう。現に安保法制では公明党は振り回され、その為に創価学会の中にも細かいヒビが入ったのが理解出来ないんでしょうか?

過去を学ぶ事は、未来を生きる事に通じる。

初代の牧口会長時代、創価教育学会は体制側として働いていました。まあ設立当初から各界多くの名士から支援を受けて設立された組織ですから、当然ですね。

何度も書きますが、長野赤化教員の事件では、彼ら共産化した若い教育者の受け入れを、内務省や警察庁と協力してあたった事は歴史的に記録されている事実であり、牧口会長も当時の機関誌「新教」で、真の愛国者に更正させるために、日蓮仏法の有効性を滔々と語っていた位です。

しかし戦時体制となり、軍部当局から国家神道の元につけと言われ、さすがにそこは創価教育学会として承服出来ない状況になった時、いとも簡単に潰されました。

いまは如何にも自民党と連携して、この世の春を公明党・創価学会は謳歌していますが、何時なんどき捨てられるのか、考えたことありますか?

自分達が票の力で自民党を利用していると考えたら、それは大間違いの大馬鹿者としか言えません。所詮は自分達の心を持たぬのは、利用されて価値が無くなれば捨てられ、モノを言ったら弾圧されるのです。

権力側にはそういった危険性を持つこと、自分達の組織の過去の歴史を知れば明らかではありませんかね?

しかし今の創価学会では、そんな事は教えられてないから解らないのかも知れないですね。

創価学会が自民党を代表とした、日本の権力側に従順であればよし。もし少しでも反旗を翻すことになれば潰される。

恐らく公明党や創価学会の宗教貴族、つまり信濃町界隈はこの事を理解しているでしょうか、末端組織の活動家幹部は理解してません。

だから今回の衆議院解散とそれに伴う総選挙も、なりふり構わず準備に走れるのではありませんかね?

でもねー、そろそろそう言ったカラクリに気が付かないとダメなのでは無いかと思いますよ。

だって日本の形がグタグダで、今ほどオカシクなった時代は過去にありますか?
何時までも権力側に追従する補完勢力で良いのでしょうか?

そんなこと、無理を承知で書いてみました。

プロフィール

HN:
運ちゃん
性別:
非公開

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 7
8 9 13 14
15 17 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[10/21 中]
[05/03 NONAME]

忍者カウンター

Copyright ©  -- 想学談林-管理者の部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]